無料ブログはココログ

« 「チェルノブイリ事故後の野菜・果物への放射能汚染を過少評価した仏政府責任者、起訴」フィガロ紙(4月1日) | トップページ | 「汚染された野菜・果物を売り続ける被災地の農民」ル・モンド紙(4月1日) »

2011年4月 3日 (日)

「福島原発周辺、数年間は居住禁止に」フィガロ紙(4月1日)

「日本の米どころ」である東北地方の人々は、自らの土地が長期に渡って汚染され続けるだろう、という事実に少しずつ気づき始めている。

「福島周辺には立ち入り禁止区域を設けざるを得ない」

日本人の専門家たちは表立って認める。

しかし、どの区域が立ち入り禁止となるのか、については事故の終結を待たねばならない。その影響は、ベルギー王国に相当する東北地方の経済に致命的だ。

(Régis Arnaud, Le Figaro, 2011.04.01)

« 「チェルノブイリ事故後の野菜・果物への放射能汚染を過少評価した仏政府責任者、起訴」フィガロ紙(4月1日) | トップページ | 「汚染された野菜・果物を売り続ける被災地の農民」ル・モンド紙(4月1日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「チェルノブイリ事故後の野菜・果物への放射能汚染を過少評価した仏政府責任者、起訴」フィガロ紙(4月1日) | トップページ | 「汚染された野菜・果物を売り続ける被災地の農民」ル・モンド紙(4月1日) »