無料ブログはココログ

« 「事故の後、36時間後には住民全員が避難していた。情報を隠さないことが重要だ。」元チェルノブイリ作業員(3月26日) | トップページ | チェルノブイリ大惨事についての映画「土曜日」、ロシアで公開「福島の悲劇でひどくリアルに」(3月31日) »

2011年4月 4日 (月)

「東京都民、呼吸から被曝中。市販のマスクは放射性ヨウ素に用をなさず」CRIIRAD(3月30日)

フランスの団体CRIIRADは3月30日、東京都内その他で計測されている放射性物質の濃度に基づき緊急声明を発表。

空気中に含まれる高濃度の放射性物質と放射性降下物(塵)が現在も東京や仙台を含む広範囲に降り注いでいると警告、日本国民への健康被害を防ぐため緊急措置をとるよう、日本政府と国際社会に強く求めた。

特に、呼吸で放射性物質を体内に取り込む内部被ばくについては、呼吸をする全ての人がその影響のさらされており、市販のマスクでは放射性ヨウ素を防ぐことはできないと指摘している。

<3月30日に出されたCRIIRADによる声明の全文>

http://www.criirad.org/actualites/dossier2011/japon/en_japonais/Communique_03-30_japonais.pdf

<関連ブログ記事>

http://popopopoon591.blog60.fc2.com/blog-entry-382.html

注)被爆すると甲状腺がんや白血病などのがんに罹る。チェルノブイリ事故の後、フランスを含む多くの周辺国住民が甲状腺がんの被害者となり、今日に至っている。

注)CRIIRADはチェルノブイリ事故の際に被爆被害を受けたフランス人関係者が中心となって結成した組織。大学の研究者を含め幅広い専門家を揃えている。福島原発での事故発生後、ホームページを通じて日本語でも情報を提供。

(Corinne Castanier, CRIIRAD, 2011.03.30)

« 「事故の後、36時間後には住民全員が避難していた。情報を隠さないことが重要だ。」元チェルノブイリ作業員(3月26日) | トップページ | チェルノブイリ大惨事についての映画「土曜日」、ロシアで公開「福島の悲劇でひどくリアルに」(3月31日) »

コメント

<3月30日に出されたCRIIRADによる声明の全文>

>CRIIRADは明日、これまで収集した情報をもとに、第1回目の総合分析結果を発表する予定である。
って発表されたんでしょうか?
もしも発表されていたらそちらの紹介もお願いしたいのですが

ご連絡ありがとうございます。
ネット環境が悪い場所を移動していてお返事が遅くなりました。ごめんなさい。

CRIIRADのサイトはずっとウォッチしているのですが、4月6日にフランス国内への影響についての発表があったのみで、日本についての情報は発信されていません。日本の状況についての問い合わせが1日当たり1000件以上も集中しているとのことで、団体側も対応に追われているようです。

引き続きCRIIRADについては新しい情報を確認し、情報発信があり次第こちらのブログに掲載します。

なお、空気や土壌の汚染に関するデータについては、HP上で定期的にまとめて発表されています(ブログの中でご紹介したとおりです)。どうか、気をつけてお過ごしください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「事故の後、36時間後には住民全員が避難していた。情報を隠さないことが重要だ。」元チェルノブイリ作業員(3月26日) | トップページ | チェルノブイリ大惨事についての映画「土曜日」、ロシアで公開「福島の悲劇でひどくリアルに」(3月31日) »