無料ブログはココログ

« 「原発反対派を『無知』呼ばわりする『専門家』たち:もう安全を任せるのは、やめよう」クーリエ・アンテルナショナル/毎日新聞(5月5~11日) | トップページ | 「福島原発事故の発生から2ヶ月。状況は改善せず」ル・モンド紙(5月12日) »

2011年5月13日 (金)

「神奈川産の茶葉に高濃度の放射性物質を検出」ル・モンド紙(5月12日)

福島原発から約280キロ離れた神奈川県の南足柄市で生産された茶葉に、1キロ当たり570ベクレルものセシウムが見つかった。地元自治体が公表した。神奈川県は日本の首都東京の南西部に位置する。同県は茶葉の販売を中止するとともに、既に出荷された茶葉の回収を命じた。今回見つかったセシウムの濃度は、必ずしも健康に危険とは言えないレベルである、とされる。

東京から220キロの距離に位置する福島原発は、3月11日の巨大地震および津波により深刻な被害を受けた。福島原発の6基ある原子炉のうち4基は、現在に至るまで高い濃度の放射性物質を大気へと排出し続けている。

日本政府は当初、福島およびその周辺地域で生産された農作物や乳製品について出荷禁止を命じたが、福島圏の農業従事者に配慮し一部の生産物以外について禁止を解除している。

http://www.lemonde.fr/teaser/?url_zop=http%3a%2f%2fabonnes.lemonde.fr%2fjapon%2farticle%2f2011%2f05%2f12%2fjapon-des-feuilles-de-the-presentent-un-taux-anormal-de-radioactivite_1520608_1492975.html

(«Japon: des feuilles de thé présentent un taux anormal de radioactivité», Le Monde & AFP, 2011.05.11)

« 「原発反対派を『無知』呼ばわりする『専門家』たち:もう安全を任せるのは、やめよう」クーリエ・アンテルナショナル/毎日新聞(5月5~11日) | トップページ | 「福島原発事故の発生から2ヶ月。状況は改善せず」ル・モンド紙(5月12日) »

コメント

はじめてお邪魔しました。大変参考になります。ありがとうございます。だいたい政府というものは、自国民には、本当のことを言わないものなので、フランス、アメリカ政府発表を参考にしていました。これからも、教えてください!

カルメンさん、こんにちは。
恐らくはフランス政府が非常に日本政府に気を遣っているということもあり、フランス政府からの発信は少なくなってきています。しかしながら参考になりそうな記事があれば取り上げてゆきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「原発反対派を『無知』呼ばわりする『専門家』たち:もう安全を任せるのは、やめよう」クーリエ・アンテルナショナル/毎日新聞(5月5~11日) | トップページ | 「福島原発事故の発生から2ヶ月。状況は改善せず」ル・モンド紙(5月12日) »