無料ブログはココログ

« 「フランスの夢の『最先端原子炉』EPR、福島原発事故と同様の電源喪失で壊滅的ダメージの恐れ」ルモンド紙(7月25日) | トップページ | 「情報が足りない」〜牛肉汚染に関する情報不足で高まる国民の不信/ルモンド紙(7月28日) »

2011年7月29日 (金)

「福島原発の大惨事を受け、世界の原子力市場は衰退へ〜仏アレバ社、事故発生以来214億円分の商談が破棄に」ルモンド紙(7月28日)

世界の原子力業界を率いるフランスのアレバ社は7月28日、原子力の国際市場の成長は日本で起きた福島原発事故の影響を被り鈍化する、との見通しを発表。合わせて、福島原発事故以来、1.9億ユーロ(約214億円)分の顧客契約が破棄されたことを認めた。

新たに社長に就任したアレバ社のルーク・ウルスル氏はこの日、福島原発事故の後における国際原子力市場の成長に関するシナリオを発表。2009年には「2030年までに659ギガワット分の発電施設が設置される」との予想を行っていたのに対し、今回は「2030年までに584ギガワットを達成し年2%の成長を達成」と事実上の下方修正を行った。

株式市場で株の公開を行っているもののフランス政府の指導下に置かれているアレバ社は、7月27日に福島原発事故発生後初めての四半期売り上げを発表、既に1.9億ユーロ(約214億円)分の契約が破棄となったことを公式に認めた。アレバ・グループへの原子力発電施設の注文は、過去6ヶ月で10億ユーロ(1,130億円)低下して430億ユーロとなった。

(Le Monde & AFP, « Ralentissement du marché mondial du nucléaire » Le Monde, 2011.07.28)
http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2011/07/28/l-alerte-sanitaire-sur-les-b-ufs-japonais-s-etend-a-une-deuxieme-region_1553621_3216.html

« 「フランスの夢の『最先端原子炉』EPR、福島原発事故と同様の電源喪失で壊滅的ダメージの恐れ」ルモンド紙(7月25日) | トップページ | 「情報が足りない」〜牛肉汚染に関する情報不足で高まる国民の不信/ルモンド紙(7月28日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「フランスの夢の『最先端原子炉』EPR、福島原発事故と同様の電源喪失で壊滅的ダメージの恐れ」ルモンド紙(7月25日) | トップページ | 「情報が足りない」〜牛肉汚染に関する情報不足で高まる国民の不信/ルモンド紙(7月28日) »