無料ブログはココログ

« フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)による「土壌の放射能汚染に関する情報の要旨」その(2)(7月13日)「梅の実の汚染は数年にわたり続く」 | トップページ | 「ヒマワリによる除染の試み—飯舘への帰郷の道は見えず」ルモンド紙(7月19日) »

2011年7月20日 (水)

「福島原発事故の発生から4ヶ月—汚染牛650頭に出荷停止命令」ルモンド紙/AFP(7月19日)

「福島原発事故の発生から4ヶ月—汚染牛650頭に出荷停止命令」ルモンド紙/AFP(7月19日)

福島原発での事故発生から4ヶ月が経過した7月19日、日本政府は福島県産牛肉の販売を禁止した。およそ650頭の牛が放射性セシウムで汚染された干し草で育成され、全国に食肉として販売されたと見られている。

(AFP « Tokyo interdit la vente du bœuf de Fukushima », Le Monde, 2011.07.20)
http://www.lemonde.fr/japon/article/2011/07/19/tokyo-interdit-la-vente-de-b-uf-de-fukushima_1550405_1492975.html

« フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)による「土壌の放射能汚染に関する情報の要旨」その(2)(7月13日)「梅の実の汚染は数年にわたり続く」 | トップページ | 「ヒマワリによる除染の試み—飯舘への帰郷の道は見えず」ルモンド紙(7月19日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)による「土壌の放射能汚染に関する情報の要旨」その(2)(7月13日)「梅の実の汚染は数年にわたり続く」 | トップページ | 「ヒマワリによる除染の試み—飯舘への帰郷の道は見えず」ルモンド紙(7月19日) »