無料ブログはココログ

« 原発礼賛の論理を読み解く:「環境活動家」(?)ジョージ・モンビオは、科学データを読むのをやめたのか?(その2)/ガーディアン&クーリエ・アンテルナショナル(7月28日) | トップページ | 「チェルノブイリ原発事故の被災国・ウクライナ、福島へ放射線測定器等を寄贈」東京新聞・岩手日報(8月19日) »

2011年8月20日 (土)

「英国発、余震が続く六ヶ所村へ向かう30トンの核廃棄物」ルモンド紙(8月20日)

819日(金)、マグニチュード6.8の地震が福島一帯を襲った。東京電力によれば、福島第一原発の作業員達は一時的に同発電所から避難したものの、大きな被害は無かった。311日の大地震で既に大きな被害を受けた東北地方はこの日、パニックに陥った。福島第一原発の南250キロの地点に位置する東京でも、建物が揺れるなどの被害があった。

こうした中、「パシフィック・グレーブ号」に積まれた30トン以上もの放射性廃棄物(注)が、英国を出発し日本列島を目指して航行中である。日本への到着は9月初旬を予定しており、福島から北方400キロの地点にある六ヶ所村に保管されることになっている。頻発する余震は、こうした放射性廃棄物の来航を前に原発の安全性についての議論が日本国内で急遽再び沸き上がる可能性を示唆している。

六ヶ所村における放射性廃棄物の保管については、多くの不安が残されている。

六ヶ所村の核廃棄物・再処理工場は最大3000トンの放射性廃棄物を保管することができるが、既に2,837トンの廃棄物が持ち込まれており、同村の容量は既にほぼ飽和状態にある。

別の心配もある。六ヶ所村の核廃棄物・再処理工場は、最大マグニチュード8.3の地震に耐えられるよう設計されている。しかしマグニチュード9以上を記録した311日レベルの地震が起きた場合には、施設は耐えることができるのだろうか。六ヶ所村は活断層の至近距離に位置していることから、グリーンピースを初めとする環境団体は、安全を強調する「動力炉・核燃料開発事業団」(通称「動燃」。六ヶ所村再処理工場を経営。)の見解に疑いを持っている。

六ヶ所村に非常に高い放射線を発する核廃棄物が保管されていることを考慮すると、事故が起きた際には、先の福島第一原発事故の場合よりずっと深刻な結果を招くことが予想されている。

尚、福島原発の近隣に住む子どもたちのうち半数の甲状腺から、放射性物質が検出された。日本政府は、基準を上回る量の被曝を受けた子どもは一人もいない、としている。

(以上、要約です)

(注) 

先に日本がイギリスに再処理を委託していた放射線廃棄物を指す。一部についてはイギリスで再処理がなされておりMox燃料としての再利用が可能だが、残りは高度の放射線を発する放射性廃棄物のままで返還されており、六ヶ所村の地中深くに保管されることになっている。

(Philippe Pons, « Le Japon s’interroge sur le scénario de Fukushima », Le Monde, 2011.08.20)

« 原発礼賛の論理を読み解く:「環境活動家」(?)ジョージ・モンビオは、科学データを読むのをやめたのか?(その2)/ガーディアン&クーリエ・アンテルナショナル(7月28日) | トップページ | 「チェルノブイリ原発事故の被災国・ウクライナ、福島へ放射線測定器等を寄贈」東京新聞・岩手日報(8月19日) »

コメント

こんにちは。
甲状腺の癌にならない事を祈りたいです。
フランスのベッテランが核実験のため色々な病気になっていますが災害補償にならない方が沢山いる事が下のブログで分りました。いかに政府に災害補償認めてもらえるか難しい事が分ります。
http://www.dissident-media.org/infonucleaire/news_veterans.html

ル・モンドのニュースにイギリスのセラフィールドのモツクス燃料作る工場閉める事書かれてました。
なぜか理由はbbcニュースに書いている事と違いましたが。

ル・モンドのニュース見たんですが30トン以上もの放射性廃棄物イギリスから六ヶ所村に運ばれる事書かれてないですし六ヶ所村もう入れるところないと聞いてます。

ユキさん

コメントおよび貴重な情報を頂きありがとうございます。私も核実験の被害を受けた太平洋の島々に住む住民たちについての記事を読んだばかりでした。今回掲載した「放射性廃棄物がイギリスから六ヶ所村へと輸送されつつある」、という部分は、主にオリジナル記事の第3パラグラフに該当します。御確認ください。今後とも貴重な情報、御意見をお寄せ頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

フランスねこさん、ユキさん、

六ヶ所村とは書いてはありませんが、8月2日のWorld Nuclear News(WNN)に、英国セラフィールドにあるMOX燃料再処理工場から再処理をした使用済み核燃料(含む廃棄物)を日本に向けて送り出した、という記事がありましたので、ご参考まで。

Nuclear waste shipment begins
http://www.world-nuclear-news.org/WR_Nuclear_waste_shipment_begins_0208111.html

大変失礼しました、サイトからは見つからなかったので新聞の方見ました。
日本の使用済み燃料をイギリスで再処理した物を日本に戻すところなんですね。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

Yukariさん
いつも貴重な情報をありがとうございます。頂いた記事を拝見しましたところ、高度の放射性廃棄物は38トン、処理済みのものは352トン(計390トン)が日本に送られる、とありました。北海道の泊原発初め、これから出される放射性廃棄物を(既にあるものと合わせて)どのように処理してゆくのか、大きな課題だと思います。

ユキさん
ルモンド紙の記事はウエブにのみ掲載される記事があったりで、少し分かりにくいですよね。気にせずまた遊びに来てくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発礼賛の論理を読み解く:「環境活動家」(?)ジョージ・モンビオは、科学データを読むのをやめたのか?(その2)/ガーディアン&クーリエ・アンテルナショナル(7月28日) | トップページ | 「チェルノブイリ原発事故の被災国・ウクライナ、福島へ放射線測定器等を寄贈」東京新聞・岩手日報(8月19日) »