無料ブログはココログ

« 「仏ビュジェー原子力発電所で汚染瓦礫の持ち出しによる放射能汚染」ルモンド紙(8月10日) | トップページ | 「小出裕章著『原発のウソ』が売り上げ25万部を記録―政治家、官僚、専門家、メディアへの日本人の怒りは収まらない」ルモンド紙(8月14日) »

2011年8月14日 (日)

「なぜあの子どもたちが、まだそんな学校に残っているのかが分からないんだ。」ジャン=ポール・ジョー監督が福島原発事故について取材/ネオン・マガジン(6月25日)

(来週以降に掲載予定でしたが、映画についての話題、ということでお盆休みに合わせ繰り上げてご紹介します。)

福島原発事故は、その発生から5ヶ月たった今も収拾に向かっていない。事故が引き起こした重度の放射能汚染によって生活の場を失った農民、漁民たちへの補償は遅々としたままで、人びとの不安は高まるばかりだ。

日本に足を踏み入れることを躊躇する外国人がいまだ多い中(注)、福島で苦悩する農民の状況や山口県祝島で原発建設反対運動に取り組む漁民たちに取材し、新作映画の撮影を行ったフランス人のジャン=ポール・ジョー監督へのインタビューの一部をご紹介します。

前作「未来の食卓」、現在公開中の「セヴァンの地球のなおしかた」では大量の農薬使用が農民や消費者たちに引き起こす白血病などの健康問題と、昔ながらの有機農法に戻ることで自らの土地を守ろうとする農民や小さな村の取り組みをとりあげたジョー監督。常に、地に生きる農民の視点、自然を見つめる子どもの視点に焦点をあてて来ました。今回の取材では正面から「反原発」を表明して撮影にのぞみ、一部の取材相手先からキャンセルを受けるなど、決して平坦な道ではなかったとのこと。2012年に公開予定の新作の出来にも期待しましょう。

(現在、鎌仲ひとみ監督による「ミツバチの羽音と地球の回転」、「100000後の安全」など、原子力について取材した映画が多数公開中です。ご興味ある方は、お盆休みの機会に涼みがてら出かけられても良いかもしれません。参考:渋谷「アップリンク」の8月のスケジュールhttp://www.uplink.co.jp/schedule/ )

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「ご自分の自己紹介をお願いします。」
「(略)今回は日本に長く滞在しました。福島を訪問したからです。なぜ福島へ行ったのか、というと(今回の原発事故は)地球規模での大惨事だったからです。もちろん、日本にとって本当に深刻な大事故でした。でも世界中にとっての大事故でもあったのです。環境を守るために行動する人間として(…)福島に根を張る『怪物』がしたことをこの目で見て映画に残す必要があったのです。」

「『怪物』に近づくことができたのですか?」
「残念ながら、原発そのものには近づけませんでした。でも、『怪物』が引き起こした惨憺たる結果には、事故の被害を受けた人びとに会うことで触れることができました。あらゆる多様な生物たちをかかえる農地が、何世代にもわたって被曝し、日本という国から切り離されたのです。」

「被曝の影響に触れられたのですか?」
「捨てられた村々、人びとがいなくなって打ち捨てられた農地。。でも、常に何らかの命が宿っていました。そうそう、子どもが全然いませんでした! 学校の校舎に閉じ込められた子ども以外はね。地表から1メートルの所でも、これ以上は上がらないというくらい目一杯高い放射線量なので、外に出るのを禁止されているのです。ところで、なぜあの子どもたちがまだそんな学校にいるのかが分からないんだけど! 子どもたちは身長が1メートルとか1メートル20センチとかで。。 

まあ、そんなことがことが分かりました。この怪物がやったことが分かったんです。僕が『原発』というかわりに『怪物』っていう言葉を使うのは、福島のある農民がそんな風に言っていたからです。その農民はこんな風に言っていました。

『福島に、怪物を作っちまったんだ。怪物を怒らしちまった。それで俺たち、この怪物の怒りをどうやって静めていいか分からないんだ。』

どんな国も科学者も、この種の『怪物』の怒りを静める方法なんて知りません。」

「たくさんのアーチストたちが福島原発事故を理由に日本への渡航を取りやめています。あなたは福島へ行くことに迷いはなかったんですか?」
「もちろん、迷ったよ! そりゃあ。。人間誰でも迷うよ。だいたい、フランスじゃ僕たち地震に慣れていない。地震を想像して直感的に『嫌だ!』って言っちゃうさ。それから、放射能で被曝するのにだって躊躇する。僕は僕の妻(映画監督)と一緒に被曝しました。僕らは一緒に放射能を浴びました。でも、こんな化け物みたいな醜いものについて語るんだったら、そこへ行かなくちゃ!

一瞬迷いはするけど、戦いたいのなら、行動しようと思うなら、『セヴァンの地球のなおしかた』でも『言ったことには行動が伴わなければ!』って(12歳の少女セヴァンが)言っているけど、やらなきゃいけないと思うんだ。」


(注)フランス政府は4月以降、対外的には自国民の渡航制限を行っていないが、福島での事故発生後に近隣の中国へすら旅行をとりやめたフランス人は多かった。パリの日本食レストランは今も「日本の食材は一切使っておりません」「中国と地元の食材を使っています」などの張り紙をして遠のいた客足が戻るのを待っている。

ネオンマガジンによる記事(仏語)
(Cedric, « Jean-Paul Jaud, la terre et nous », Neon Magazin, 2011.06.25)
http://www.neonmag.com/2011/06/jean-paul-jaud-la-terre-et-nous/ 
http://www.neonmag.com/2011/06/jean-paul-jaud-la-terre-et-nous/2/

« 「仏ビュジェー原子力発電所で汚染瓦礫の持ち出しによる放射能汚染」ルモンド紙(8月10日) | トップページ | 「小出裕章著『原発のウソ』が売り上げ25万部を記録―政治家、官僚、専門家、メディアへの日本人の怒りは収まらない」ルモンド紙(8月14日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「仏ビュジェー原子力発電所で汚染瓦礫の持ち出しによる放射能汚染」ルモンド紙(8月10日) | トップページ | 「小出裕章著『原発のウソ』が売り上げ25万部を記録―政治家、官僚、専門家、メディアへの日本人の怒りは収まらない」ルモンド紙(8月14日) »