無料ブログはココログ

« 「仏マルクール核廃棄物処理場事故:近隣地域での放射線量上昇データ、最終的な結論下せず」CRIIRAD研究所(9月16日) | トップページ | 参考:東北・関東一帯におけるセシウム汚染の状況/日本原子力研究開発機構(9月6日) »

2011年9月19日 (月)

子どもが語る原発事故「生きていたい!」/チェルノブイリ子ども基金(1998年)

父は原子炉を閉鎖する仕事に出かけて行った。
近所の人みんながママをせめる。
「夫を死なせる気なの」と言って。
でも、父は生きて帰って来た。
だけど、いつものようにぼくをだいてくれない。
母は「父さんはとても汚れているから」と言う。
父は原子炉の変わりようにおどろき、
あまりの恐怖に声をあげずに泣いていた。

「プロピャチの町から避難した少年の思い出」より
(イリヤ・アシュチェンコ、14歳、キエフ市、p.12)


美しい絵本を見つけました。
1986年4月26日に当時のソ連(現在のウクライナ)で起きたチェルノブイリ原発事故の10周年を記念して、子どもたちの絵や詩を集めて1998年に出版された本です。

『生きていたい!チェルノブイリの子どもたちの叫び』(チェルノブイリ子ども基金編、小学館、1998年)

美しい絵とは裏腹に、子どもたちの苦しみや悲しみが彼等自身の言葉で伝わってきます。

14歳のニーナが書いた詩の一部です。


「4月のエコー 夢」
わたしたちは町を去った。
子どもたちから、思い出も、友だちも、うばっていった。
一番すばらしいものを取り上げ、
自分の生まれた大好きな町で
子ども時代をすごすことすらゆるさなかった。
あの原子炉は、苦しみと、みんなとの別れを
子どもたちにあたえただけだった。
子どもたちは、自分たちの町に、
いつの日か帰れることを夢見ていたのに。

 …

せめて一瞬でいいから、
わたしたちの町をもとにもどしてほしいのです。
わたしたちの子ども時代と友だちを。
わたしたちの大好きだった幼稚園を。
大好きな町の大切だったすべてのものを。
それをもう一度思い出すために。。。
(ニーナ・グローマク、14歳、キエフ市 p.18、24)


「甲状腺がんはゆっくりと進行するので早期発見が可能」
多くの新聞でこのような記載を見かけます。でも、がんになるという経験がどんなに苦しいか。甲状腺がんは、喉にメスを入れる手術をし、手術後も薬を一生飲み続けなければなりません。喉に残る手術の痕は、手術の後も子どもたちを苦しめています。15歳のイレーナが書いた詩です。


「お願い」
大人のみなさん、わかってください。
話したいことがあるんです。
毎朝、薬を飲むことが
それを一生つづけることが
どんなに、つらいことなのか。
みなさんの視線を感じると
「あの子の首の傷は、いったいどうしたの?」
と言っているのが聞こえます。

 …

ただ首のところは、そんなに見ないで。
どうか、そんなに目をむけないでください。

(イリーナ・レツ、15歳、チェルカスカ州 p.38、39)


最後に、13歳のアンナが書いた短い詩。


「無題」
死にたくありません!
だって、わたしはまだ14才にもなっていないんです。
(アンナ・トカチェンコ、13歳、ホイニキ市 p.44)


日本の子どもたちの言葉にも、もっと耳をかたむける必要があるように感じます。

<参考>
amazon.com『生きていたい!―チェルノブイリの子どもたちの叫び』
http://www.amazon.co.jp/生きていたい-―チェルノブイリの子どもたちの叫び-チェルノブイリ子ども基金/dp/4092902018 

※一部の公共図書館にも入っているようです。ぜひ一度美しい絵をご覧ください。

チェルノブイリ子ども基金のホームページ
http://homepage2.nifty.com/chernobyl_children/index.html

« 「仏マルクール核廃棄物処理場事故:近隣地域での放射線量上昇データ、最終的な結論下せず」CRIIRAD研究所(9月16日) | トップページ | 参考:東北・関東一帯におけるセシウム汚染の状況/日本原子力研究開発機構(9月6日) »

コメント

子供だけを疎開させています。主人は反対意見です。まわりから軽く非難されたりもします。
自分の判断が正しいかどうかなんてわかりません。このままみんなが無事で、無駄な努力で終わってほしいと願います。淋しいです。苦しいです。
でも、一番いやなのは、こんな風に子供に辛い思いをさせることです。それだけが避けれるならいいのです。
貴重なお話をありがとうございました。

はじめまして、いつも読ませていただいています。

心が痛くなりました、子どもたちの言葉は計算なく記されたものだから…
がんになるのは大人でもつらいことです。
周りと自分が隔てられたような気持ちになり、命には限りがあることを強くつきつけられます。
日本の子どもたちを同じような目にあわせてはいけない、さらに気持ちを強くしました。

いつも情報をありがとうございます。

?さん、Hinataさん、

コメントをありがとうございました。
多くの家族が引き裂かれ、子どもも両親も大変辛い思いをしています。また、自分自身や家族の被曝の状況や将来の予測を知ることができずに大きな不安を感じています。そのこと自体が被災者の大きな負担になっており、同時に福島と福島以外の地震・津波の被災者の状況を大きく隔てていると思います。日本の子どもたちの声、そしてご両親の声もまた、チェルノブイリの子どもたちの声や絵と同様に、きちんと残してゆかなければならないと思います。辛い気持ちを、せめて誰かに伝えられるように残しておきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「仏マルクール核廃棄物処理場事故:近隣地域での放射線量上昇データ、最終的な結論下せず」CRIIRAD研究所(9月16日) | トップページ | 参考:東北・関東一帯におけるセシウム汚染の状況/日本原子力研究開発機構(9月6日) »