無料ブログはココログ

« 原発を止めるためのカーニバル「楽しさがあって初めて人は動く。10万人集まれば国も変わってくる。(その1)」毛利嘉孝/クーリエ・アンテルナショナル(9月15日) | トップページ | 原発を止めるためのカーニバル「楽しさがあって初めて人は動く。10万人集まれば国も変わってくる。(その3)」毛利嘉孝/クーリエ・アンテルナショナル(9月15日) »

2011年9月26日 (月)

原発を止めるためのカーニバル「楽しさがあって初めて人は動く。10万人集まれば国も変わってくる。(その2)」毛利嘉孝/クーリエ・アンテルナショナル(9月15日)

前回に引き続き、「お祭り」デモについての毛利嘉孝教授へのインタビューその2をお届けします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

──高円寺の話に戻りますが、ロックバンドやチンドン屋、パフォーマーの方も数多く参加していて、従来テレビなどで報道されてきた「デモ」とは違ったイメージを受け取った人も多かったようです。

毛利 昔はデモといえば左翼のもので、イデオロギー的な側面が強かった。社会党系や共産党系、労組をはじめ組織に属する人たちが中心だったんですよね。それが2003年の反イラク戦争デモくらいから、フリーター層を中心に作家やミュージシャンを巻き込んだ、組織に属さない形の今までとは違ったデモが形成されはじめ、世間の"デモアレルギー"のようなものは比較的少なくなってきていると感じます。

 今回の高円寺に関して言えば、あの街はやっぱりサブカルチャーなんですよね。ロックミュージシャンやライブハウス、飲み屋が多いし、ヒッピー文化も残っているから、ああいうデモになったと思うんです。高円寺が持つ独特のくさみというのは多くの人に受け入れられないものかもしれないけれど、逆にそこが魅力的だったりする。だからこそ1万5,000人もの人が集まったんだと思います。

──そうした雰囲気、「祝祭性」のようなものに対して、切実に原発を停めたいと思っている人や、反でも推進派でもない人の中には違和感を覚えた人も少なくなかったようです。

毛利 確かに、「もっと真面目にやれ」「代替エネルギーをどうするんだ」などの批判もありましたが、今回のデモを主宰した「素人の乱」の松本哉さんはそんなことは考えていない。彼はただ原発を停めたいだけでデモをやった。けれど、生真面目で知識がある人だけのものだった政治のすそ野を広げたということは、今回の高円寺デモの最大の功績だと思います。「素人の乱」がこれまで培ってきたデモのノウハウが生かされたと思いますよ。でも、それは生真面目な政治を否定するものでは決してありません。それはそういう議論の場所を別に確保していけばいいんじゃないでしょうか。

 海外でも30万人規模のデモになれば、基本的には巨大レイブパーティーみたいなもんですよ。やっぱり生真面目な政治に特化しても、それだけでは人は集まらないんです。情動だとか楽しさだとか快楽だとかがあって、初めて人は動く。だからこそ、今はデモが祝祭的になっていると思うんですよ。

──ドイツでは福島第一原発の事故を受けて、25万人が反原発デモに参加し、実際に原発が一時停止しました。日本でもこうした大規模デモが発生する可能性はあるんでしょうか。

毛利 反原発に関して言うと、やっぱりまだ多くの人が原発は必要だと思っていると思うんですよね。「簡単に停めるって言っても難しい」というのが大きな意味での国民のコンセンサスでしょう。多くの人にとってまだ問題にさえなっていない。それがこれまでデモに人が集まってこなかった、ひとつの要因ですよね。一種の無力感もあるのではないでしょうか。

──その無力感の正体とは何なのでしょうか。

毛利 今までデモで何も変わってこなかったというのが大きいと思います。何かを変えた経験もないし、市民革命も一度も起こらなかった国ですから。外国からの外圧と上からの改革で乗り切ってきたわけで、こう言うと日本人の国民性という話になってしまいますが。

 でも今回はさすがに「福島ちょっとまずいんじゃない?」という雰囲気が出てきている。だから今後、"統一行動デー"みたいなものはあると思いますよ。高円寺や下北沢、芝公園、東電前など分散化して最後にどこかで集まるとか。それぞれに1万人が集まれば10万ぐらいになりますからね。そこからさらに広がる可能性はあります。全然原発問題に関心のない人がそういうデモを見たら、「こんなにみんな反対しているのか」とショックを受けますよね。会社や学校では誰も「原発ヤバい」と言っていなくても、週末に街に出たらみんな反対している。そういうアピール力はあると思います。

(続く)

●もうり・よしたか
1963年、長崎県生まれ。京都大学経済学部卒業。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジにてPh.D(sociology)を取得。九州大学助教授などを経て、現在東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科准教授。専攻は社会学、文化研究。著書に『文化=政治――グローバリゼーション時代の空間叛乱』(月曜社)、『ポピュラー音楽と資本主義』(せりか書房)、『ストリートの思想』(NHK出版)などがある。

<出典>
日刊サイゾー「『"お祭り"デモは社会を変えるか?』活発化する反原発・脱原発運動に見る現代デモ事情」http://www.cyzo.com/2011/04/post_7196.html

(Cyzo, « Un carnaval pour arrêter les centrales », Le Courrier international, n°1089, du 15 au 21 septembre 2011.p.36)

« 原発を止めるためのカーニバル「楽しさがあって初めて人は動く。10万人集まれば国も変わってくる。(その1)」毛利嘉孝/クーリエ・アンテルナショナル(9月15日) | トップページ | 原発を止めるためのカーニバル「楽しさがあって初めて人は動く。10万人集まれば国も変わってくる。(その3)」毛利嘉孝/クーリエ・アンテルナショナル(9月15日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発を止めるためのカーニバル「楽しさがあって初めて人は動く。10万人集まれば国も変わってくる。(その1)」毛利嘉孝/クーリエ・アンテルナショナル(9月15日) | トップページ | 原発を止めるためのカーニバル「楽しさがあって初めて人は動く。10万人集まれば国も変わってくる。(その3)」毛利嘉孝/クーリエ・アンテルナショナル(9月15日) »