無料ブログはココログ

« 「菅首相、原発ロビーの反対で自らの方針を貫けず」仏メディア、浜岡原発停止と脱原発社会への足がかりを築いた首相を評価/ルモンド紙(8月28日) | トップページ | 「2基の原発が新たに停止」ルモンド紙(8月31日) »

2011年9月 1日 (木)

「福島を想い、広島に祈る―8枚の画像で見る広島・原爆記念日」ルモンド紙(8月6日)

ルモンド紙が、今年の広島原爆記念日当日の広島と福島での模様を、8枚の画像におさめました。

(こちらからどうぞ)
http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/portfolio/2011/08/06/le-japon-commemore-hiroshima-en-pensant-a-fukushima_1556749_3216.html#ens_id=1493262 

以下は、各写真に付された説明文のです(一部要約/省略している部分もあります)。写真と合わせてご覧ください。


1. 8月6日の今日、世界で初めて原子爆弾がこの町に落とされたあの日から66年目を記念して、何千もの日本人がこの地に集まった。

2. この日は、東日本大震災と津波が日本の北部を襲った後に起きた福島原発事故の発生以来、初めての原爆記念日となった。

3. 広島同様、福島でも、次の原発惨事を防ぐべく原発廃止を求める人々のデモが幾つも行われた。

4. 「僕らは原子力兵器の廃絶には力を入れて来たけれど、原子力発電所の設置反対運動には比較的弱いままで来てしまった。」福島でのデモの途中、長崎での原爆投下からの生存者であり、自ら原子力反対運動に取り組む川野浩一は述べた。

5. 菅直人首相は広島原爆記念公園で開かれた原爆記念式典の席で、「原発の無い社会を目指す」との誓いを改めて強調した。世界の平和に捧げられたこの記念碑は、最初の原爆投下における爆心地にそびえている。

6. 「私は原子力に頼らない社会を目指し、日本の原子力への依存を減らして行きます。」菅首相が宣言。

7. 1986年のチェルノブイリ惨事以来、史上最悪の原発事故となった福島原発事故をふまえ、菅首相は7月13日、脱原発という目標を建てた。しかし国民からの低い支持率にあえぐ首相は、具体的な日程案や戦略を示していないと強い非難を浴びた。

8. アメリカ軍によって1945年8月6日に広島へ投下された原子力爆弾は、高熱や爆風によって一瞬のうちに、もしくは放射能被曝によって何ヶ月もの時間をかけた後に、合計14万人もの人々を死に至らしめた。3日後に長崎に投下された原子力爆弾は、約7万5千人もの人々の命を奪った。


(LeMonde.Fr « Le Japon commémore Hiroshima en pensant à Fukushima », Le Monde, 2011.08.06)
http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/portfolio/2011/08/06/le-japon-commemore-hiroshima-en-pensant-a-fukushima_1556749_3216.html#ens_id=1493262

« 「菅首相、原発ロビーの反対で自らの方針を貫けず」仏メディア、浜岡原発停止と脱原発社会への足がかりを築いた首相を評価/ルモンド紙(8月28日) | トップページ | 「2基の原発が新たに停止」ルモンド紙(8月31日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「菅首相、原発ロビーの反対で自らの方針を貫けず」仏メディア、浜岡原発停止と脱原発社会への足がかりを築いた首相を評価/ルモンド紙(8月28日) | トップページ | 「2基の原発が新たに停止」ルモンド紙(8月31日) »