無料ブログはココログ

« 原発輸出の最前線、インド・ジャイタプール 「原発建設反対デモに警官隊が発砲、住民1名死亡」の背景とその後(予告編) | トップページ | 「東京・東北のスーパーの秋魚からセシウム検出」/ルモンド紙(10月20日) »

2011年10月19日 (水)

原発輸出の最前線、インド・ジャイタプール(1)「原発建設反対デモに警官隊が発砲、死亡1名、重傷8名、逮捕1500名」/テレビ・フランス2他(4月19日)

4月19日にジャイタプールで起きた死傷事件を、フランスの新聞やテレビは一斉に大きく取り上げた。ほとんどはインド政府と警察の公式発表に基づいた記事だったが、このデモが初めて起きたものではなく長年の反対運動の末に起きたこと、地震が起きやすい地域に建設が予定されていることに視線が向けられている。

そして見知らぬ国の小さな村に住む農民や漁師が生活と命をかけて反対する原発の建設にフランス政府が資金の保障を行っていることに、 フランス市民の疑問の声は膨らんで行った。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「ジャイタプールで新型原子炉の建設に反対する住民デモが再燃」(テレビ「フランス2」)

4月19日、インドのジャイタプールで、フランスのアレバ社による原発建設に反対する激しいデモが再燃した。前日、反対デモを沈静化しようとした警官隊が住民に発砲、デモに参加していた住民1名の命を奪ったことに対する抗議の意思を示すものだ。

ジャイタプールはインドの西岸に位置し、首都ボンベイからは約250キロ離れたマハシュトラ州にある町である。警官が引き金を引いた時、住民たちはアレバ社が最新鋭のヨーロッパ加圧水型炉の建設を予定する敷地で反対デモを行っていた。


<参考>
デモに参加する市民達を警棒で追いつめる警官隊→破壊された村内の様子(現地語)
http://www.youtube.com/watch?v=ilIyLzrFGUU&feature=related


ジャイタプールでは現在、総計9900メガワットを発電する合計6基の原発建設が予定されている(注1)。2010年12月にサルコジ大統領はインドを訪問、仏印両大統領出席のもと、6基のうち最初の2基について最新型の原子炉を建設するための基本協定がアレバ社とインド政府系企業「インド原子力会社」(NPCIL)の間で結ばれた。

ジャイタプールでの建設計画は、人々の恐れを確実なものにした。ジャイタプールが海岸近くの地震が起きやすい地域に位置しているからである。

「住民たちは催眠ガス入りの手榴弾を投げつけて来た。棒で殴りかかり、ゴム弾で撃って来た。それで私たち警察軍は、住民に向けて発砲せざるを得なくなった。」

警察と現地の自治体はこのように説明した。マハシュトラ州の内務省大臣は地方議会で、600から700人のデモ参加者が現地の警察を襲い、発砲した警察の玉に当たって一名が死亡したと証言した(注2)。同大臣によれば、デモ隊は警察が使用していた建物を襲い、警官隊の副隊長を含む数人に怪我を負わせたという。

現地では、原発建設のために多くの農民と漁師が移転を迫られている。住民たちは政府からの補償金の受け取りを拒否し、既に何度も反対運動を行っている。

(一部編集)

(注1)世界最大の原子力発電施設となる予定。

(注2)bastamag.netの7月18日の記事によれば、インド当局はデモの直後に1500名の住民を逮捕・拘束している( « Jaitapur, candidat à un second Fukushima ? », bastamag.net, 2011.07.18)。
http://www.bastamag.net/article1665.html

( « Nouvelles manifestations anti-EPR à Jaïtapur », FTV avec agencies, 2011.4.20)テレビ放送「France 2」によるオリジナル記事(仏語です)
http://info.france2.fr/monde/nouvelles-manifestations-anti-epr-a-jaitapur--68443059.html

« 原発輸出の最前線、インド・ジャイタプール 「原発建設反対デモに警官隊が発砲、住民1名死亡」の背景とその後(予告編) | トップページ | 「東京・東北のスーパーの秋魚からセシウム検出」/ルモンド紙(10月20日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発輸出の最前線、インド・ジャイタプール 「原発建設反対デモに警官隊が発砲、住民1名死亡」の背景とその後(予告編) | トップページ | 「東京・東北のスーパーの秋魚からセシウム検出」/ルモンド紙(10月20日) »