無料ブログはココログ

« 野田政権の原発政策/鈴木達治郎 原子力委員会委員長代理(11月19日) | トップページ | 12月1日より、稼働中の原発は9基のみに/フィガロ紙(11月30日) »

2011年11月30日 (水)

手当て削減に抗議するチェルノブイリの「掃除人」、警察による抗議者襲撃後に死亡/20ミニッツ(11月28日)

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の処理にあたった「掃除人」の一人、ゲンナディ・コノプロフはウクライナ当局による「掃除人」への手当て削減に抗議し、約30人の仲間とともに2週間にわたるハンガーストライキを行っていた。しかし11月27日の夜、警察による抗議者テントへの襲撃を受け、直後に病院へ運ばれる救急車の中で死亡した。70歳だった。抗議行動を組織している「掃除人」代表、および救急病院の代表が明らかにした。

<参考動画> 当時の模様(ユーロ・ニュース)※仏語です
http://www.youtube.com/watch?v=KDcnS1oa70c 

30人余りにのぼるチェルノブイリの「掃除人」、もしくはチェルノブイリ原発の爆発事故における生存者たちは、事故の収拾作業にあたった見返りに政府が支給している手当の減額に抗議し、ドネツクの東部で2週間にわたる抗議を行って来た。

11月27日夜、警察は司法判断に基づき、緊急事態対策省が抗議行動を続ける「掃除人」たちに提供していたテントを強制撤去した。抗議行動のリーダーをつとめるニコライ・ゴンチャロフは「警察が行った『掃除人』テントへの襲撃は、テロに匹敵する行為だった」と表現した。

ゲンナディ・コノプロフはこの襲撃の際に病院へと送られたが、途中救急車の中で亡くなった。救急病院によれば、コノプロフはこの数日胸の痛みを訴えていたが、入院を拒んでいた。

今回の事件は、ヴィクトール・ラノコヴィッチ大統領の人気を台無しにする可能性がある。ドネツク市はラノコヴィッチ大統領の生まれた町であり、選挙の地盤だからだ。

今回の「掃除人」に対する手当て制度の変更は、国際通貨基金(I MF)がウクライナ政府に対し行った150億ドル(約1兆1700億円)の援助と引き換えにウクライナ政府に強制的に義務づけ、施行されたもの。チェルノブイリの「掃除人」たちはウクライナ国内で強い影響力を持っており、キエフの国会前で定期的にデモを行っている。

(一部編集)

(20 minutes/Reuters, « Ukraine :Un « liquidateur » de Tchernobyl, en grève de la faim, décède, 20 minutes, 2011.11.28)
http://www.20minutes.fr/ledirect/831884/ukraine-liquidateur-tchernobyl-greve-faim-decede

« 野田政権の原発政策/鈴木達治郎 原子力委員会委員長代理(11月19日) | トップページ | 12月1日より、稼働中の原発は9基のみに/フィガロ紙(11月30日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野田政権の原発政策/鈴木達治郎 原子力委員会委員長代理(11月19日) | トップページ | 12月1日より、稼働中の原発は9基のみに/フィガロ紙(11月30日) »