無料ブログはココログ

« 福島原発事故から9ヶ月―南仏アヴィニョンで脱原発を訴える1キロメートルの人の鎖/ラ・プロヴァンス(12月12日) | トップページ | 秋の落ち葉で深まるセシウム汚染/ビュルタン・エレクトロニック(12月16日) »

2011年12月18日 (日)

福島原発から200キロ―岩手、千葉でもセシウムによる住居内汚染、「深刻」/ACRO&ヌーベル・オプセルヴァトゥール(12月15日)

放射性セシウムは福島原発の周辺にとどまらず、日本の広い地域で食品や住居内を汚染している。チェルノブイリ原発事故の後にフランスで設立された市民による独立研究機関の一つ「西部地域・放射能検査室」(ACRO)は、福島原発から200キロ圏内に住む住民13世帯宅で使用されている掃除機の中袋に付着したホコリを調査、その結果を公表した。

<参考>ACROによる公表データ(日本語)はこちら
http://www.acro.eu.org/OCJ_jp#23

これによれば、全ての世帯について掃除機の中袋から放射性セシウム134と137が検出された。当然ながら、福島原発に一番近い地域は放射能による最も深刻な汚染の被害を受けており、原発から50キロの地点にある福島市渡利(わたり)では、ホコリ1キロ当たりにつき約2万ベクレル(セシウム134と137の合計)が検出された。渡利では現在、米の出荷が禁止されている。

セシウムによる深刻な汚染は福島県にとどまらず、岩手県一関市や(福島原発から約200キロの距離にある)千葉県柏市の民家屋内における調査でも見つかっている(1キロあたり5千〜6千ベクレル)。

こうした状況についてACRO関係者は、

「日本政府が定める避難の基準は屋外における土壌汚染の度合いにのみ基づいており、汚染された地域であっても、屋内にいれば住民に危険が及ばないかのように想定している。」

と指摘している。

ACROは5月、7月、9月に、福島を初めとする地域において、子どもの尿についても検査を実施した。その結果によれば、汚染されていない食品を摂取していれば1ヶ月で半減すべき体内のセシウムのレベルが、5月以来ずっと下がらない子どもが何人も見つかっている。又、9月には初めて、東京に住む子どもの尿からもセシウムが検出された。食品の放射能汚染は内部被曝の主な原因となっている。しかし食品による汚染もまた、日本政府による避難の基準では考慮されていない。

(要旨、一部編集)

( Morgane Bertrand, « Fukushima : radioactivité sous le tapis », Le Nouvel Observateur, 2011.12.15)
http://tempsreel.nouvelobs.com/planete/20111214.OBS6758/fukushima-radioactivite-sous-le-tapis.html

« 福島原発事故から9ヶ月―南仏アヴィニョンで脱原発を訴える1キロメートルの人の鎖/ラ・プロヴァンス(12月12日) | トップページ | 秋の落ち葉で深まるセシウム汚染/ビュルタン・エレクトロニック(12月16日) »

コメント

こんにちは。
家の中までこんなに汚れるんですね。
フランスのIRSNが日本に住んでるフランス人のためにナンバー8出しました。
9月にフランスねこさん訳されていた少しの追加になります。
日本の暫定規制値超えている物 柚子、かき、キウイ、柘榴の実の福島県 
お茶 東京、埼玉県、神奈川県
ドクダミ(乾燥)福島県
わさび(根の部分)福島県
魚 きゆうりうお、エイ、メバル、カレイ、ワカサギ、オヒョウ 鯰  鮭 (秋元湖)
きのこ ハウスで作った物も外で作ったもの、野生の物全部 福島県、千葉県、宮城県、茨城県、栃木県、神奈川県、長野県、静岡県
牛肉 福島県、宮城県
猪肉、鹿肉、熊肉 福島県、栃木県
米 福島県、宮城県
なるべく食べない方がいいもの
柚子、イチジクの実、柘榴の実、キウイ、 きのこ  福島県、栃木県、茨城県、宮城県、群馬県、埼玉県
東京、神奈川県、千葉県
茶、ハーブティー、干し柿
米 福島県、宮城県、栃木県、茨城県
下 IRSNの資料下のアドレスから日本から見れないかもしれません。
http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Documents/IRSN_Residents-Japon_Bulletin8_12122011.pdf

メリークリスマス
Joeux Noël xmas

ユキさん

IRSNによる在日フランス人向け公報に関する情報をありがとうございました。すぐに訳す時間が無いので大変助かりました。除染の手引き(案)についても作成中のようですね。来年はもっと平和な年になりますように。。メリークリスマス!

こんにちは。
Irsn訳されたんですね。
私間違えて書いたので魚の所鯰て書きましたが違いました。
sourcil と言う魚調べて鱈目という事が分りましたが何鱈か分らないです。
下、写真出てます 。
http://www.pac.dfo-mpo.gc.ca/fm-gp/rec/species-especefinident-identpoisson-fra.htm
魚の名前とても難しいですね。
本当に来年は良い年になるよう深く心から祈ります。

たびたびすいません。
sourcilと言う魚 アイナメでした。

ユキさん

sourcilの訳を御指摘頂きありがとうございました。いろいろ調べてやっと見つけることができました。本文も訂正しておきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島原発事故から9ヶ月―南仏アヴィニョンで脱原発を訴える1キロメートルの人の鎖/ラ・プロヴァンス(12月12日) | トップページ | 秋の落ち葉で深まるセシウム汚染/ビュルタン・エレクトロニック(12月16日) »