無料ブログはココログ

« 原発労働者を裏切り続ける日本政府(2)―「女は売春、男は原発」/Rue 89(1月15日) | トップページ | 原発労働者を裏切り続ける日本政府(3)―「契約の無い仕事」/Rue 89(1月15日) »

2012年1月30日 (月)

コリンヌ・ルパージュ元フランス環境相からの緊急メッセージ「福島のお母さん方、そして枝野大臣へ」/EcoEchange France(1月28日)

枝野幸男経産相は1月24日、原発利用の廃止を求め130日以上にわたって経済産業省の建物前で座り込みの抗議行動を続けてきた日本市民らに対し、退去命令書を送付しました。市民らによるテント村「テントひろば」は、原発廃止に向けた署名活動や情報交換の要所として活用されてきました。しかし、経済産業省は火気の扱い等に不安があることを理由に退去を求めています。

<参考>「"脱原発テント村"退去期限迫る!」ニコニコニュース(1月27日)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw185973

テント村が危機に瀕していることを耳にしたフランスの元環境相コリンヌ・ルパージュ氏は1月28日、抗議を続ける福島県の市民、および枝野経済産業省大臣に対し緊急メッセージを発表しました。

コリンヌ・ルパージュ元環境相によるメッセージ(動画、日本語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=9vCMMSQmy5M&feature=player_embedded

「枝野大臣、私は大臣の感受性の高さを理解しています。私たちは(...)大臣が何とか苦境に持ちこたえることを心から願っております。」
「日本が大惨事を経験した後、世界にお手本を示してほしいのです。(...)私たちは日本がどんな結論を出すのか、非常に注目しています。」

ルパージュ氏は環境相時代から積極的に原発問題に取り組み、昨年9月には福島を訪問しました。日本はどんな答えを出すのでしょうか。

(この情報はユキさんより御紹介頂きました。ユキさん、ありがとうございました。)

« 原発労働者を裏切り続ける日本政府(2)―「女は売春、男は原発」/Rue 89(1月15日) | トップページ | 原発労働者を裏切り続ける日本政府(3)―「契約の無い仕事」/Rue 89(1月15日) »

コメント

記事載せてもらってありがとうございます。

ユキさん、こんにちは。
こちらこそ、貴重な情報をありがとうございました。コリン・ルパージュ元環境大臣につきましては、以前こちらのブログでも御紹介させて頂きましたが、『原発の真実』という本も出版されていて、原発の問題について非常に造詣の深い方だと思いました。

http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/62-dba6.html

世界が日本の次の一歩に注目しています。良い方に変わってゆければよいのですが。
寒さが続きますが、どうかお元気でお過ごしください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1487303/43927500

この記事へのトラックバック一覧です: コリンヌ・ルパージュ元フランス環境相からの緊急メッセージ「福島のお母さん方、そして枝野大臣へ」/EcoEchange France(1月28日):

« 原発労働者を裏切り続ける日本政府(2)―「女は売春、男は原発」/Rue 89(1月15日) | トップページ | 原発労働者を裏切り続ける日本政府(3)―「契約の無い仕事」/Rue 89(1月15日) »