無料ブログはココログ

« 日本政府、原発稼働年限の延長へ/ユズィン・ヌーベル(1月18日) | トップページ | 原発労働者を裏切り続ける日本政府(2)―「女は売春、男は原発」/Rue 89(1月15日) »

2012年1月26日 (木)

原発労働者を裏切り続ける日本政府(1)―隠される差別と搾取の現実/Rue 89(1月15日)

福島原発事故直後の高度放射能汚染の中で事故処理にあたり、「フクシマ・フィフティー」と賞賛された原発作業員たち。日本政府はこれまで原発労働者にどのように接して来たのでしょうか。

仏リベラシオン紙の元記者たちが2007年に立ち上げたRue 89紙。マルクール原子力施設で起きた爆発事故の際には、事故処理に立ち会った警察官が同紙に投書を行ったことで、即死した移民原発労働者の悲惨な最期と放射能汚染の状況が明るみになりました。今回は、同紙のティエリー・リボー記者が昨年12月に日本を取材訪問した際に行った「なすび」さんへのインタビューを数回に分けて御紹介します。

なすびさんは長い間、原発労働者の問題にとりくんできました。密室で行われる危険な原発労働の実態、日本人が手を出さない高濃度の放射線に汚染された環境で作業に狩り出されるフィリピン人労働者たち。過酷な労働環境とともに、請負い制度による搾取と差別の構造が語られています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

一人の女性が、「原子力反対」の声をあげながら歩いてゆく。手にした横断幕には「何が起るの、お母さん?」の文字。

なすびは1986年以来、日雇い労働者を守るための活動を行ってきた。特に、東京の山野や大阪の釜ヶ崎、横浜の寿を中心とする寄せ場―やくざが支配する日雇い労働者の市場ーが主な活動場所だ。

2011年7月、なすびは『被ばく労働自己防衛マニュアル』(注)を出版した。私たちは12月11日、東京で行われた原発反対デモの出発直前、経済産業省の建物の前で彼女へのインタビューの機会を得た。


なぜ原発労働者の問題にとりくむようになったのですか。また、どのような活動を行っているのですか。

私が原発反対運動にとりくんでいるのは、原子力分野で働く労働者の生活と労働環境、そして彼等を喰いものにする「下請け制度」の存在を社会に知らせるためです。私はもともと、日雇い労働者の権利を守るための運動に参加していました。日雇い労働者の多くが、昔も今も、原発で働くために集められ現場に送られています。

原発問題にとりくむ人たちは皆、原発労働者の問題について知っています。でも特定の問題をのぞいては十分な取り組みがなされていません。日本の労働組合もまた、原発労働者の権利を守ることに関心を示しません。原発で働く作業員の多くが癌で亡くなっています。それ以外の労働者たちは深刻な病気に悩まされています。それでも、労働組合は常に沈黙を守って来ました。

これまでで唯一、原発労働者の問題に取り組んだ組合運動は、1981年から1987年にかけて福井県の敦賀原発で行われたものだけです(注:敦賀原発第一号機の送水システムが故障し、高濃度の放射性汚染水16トンが冷却装置から流出した事故を指す。この事故は1981年4月、事故が起きてから40日を過ぎて初めておおやけにされた)。


なぜ労働組合は原発労働者を無視してきたのでしょうか。

原発労働の現状は常に隠されてきました。中で実際に何が起きているのか、(外からは)よく分からないのです。そして、原子力分野で働く労働者は差別に苦しめられてきました。差別をするのは、労働組合も例外ではありません。労働組合の活動が正社員の払うお金でまかなわれているから、という理由だけで差別が起きるのではありません。原子力という分野が、原発で働かざるをえない社会の下層階級の人々にかかわっているからです。

これは政治的かつ微妙な問題です。実際、全国規模の大きな組合は原発を推進しています。小さな組合は原発推進の立場に決して異を唱えませんでした。請負い作業員として働く原発労働者の状況や労働環境をあえて問題にしようとはせずにこれまでやってきたのです。

原発の分野で働く正社員たちの状況はどうですか?

(「原発労働者」の現状とは)全く違っています。東京電力(注:事故を起こした福島原発の責任事業者)の社員は、大企業のエリートですから、被曝するような仕事はしません。彼等は管理室でコンピューターを操る係です。原発労働者の大部分をしめる日雇いの労働者たちが原子炉の掃除をし、原子炉に直接入って仕事をするのです。

(注)『被ばく労働自己防衛マニュアル』http://2011shinsai.info/node/400

(続く)
http://www.rue89.com/rue89-planete/2012/01/15/nucleaire-au-japon-letat-est-un-traitre-pour-les-travailleurs-228381

« 日本政府、原発稼働年限の延長へ/ユズィン・ヌーベル(1月18日) | トップページ | 原発労働者を裏切り続ける日本政府(2)―「女は売春、男は原発」/Rue 89(1月15日) »

コメント

お久しぶりです。
経産省前テント村の危機の報に接して、コリンヌ・ ルパージュさん元仏環境相が
緊急メッセージを録画されたようです、多くの人に知っていただきたくコメントさせて頂きました。
日本語字幕つきです。
http://www.youtube.com/watch?v=9vCMMSQmy5M&feature=player_embedded

ユキさん、こんにちは。

いつも貴重な情報をありがとうございます。少し忙しくてお返事が遅れてしまいました。申し訳ありません。コリンヌ・ ルパージュさんからのメッセージ、せっかくですので本文に掲載させて頂きました。

引き続きどうぞよろしくお願い致します。寒い日が続きますがどうか御自愛ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1487303/43883870

この記事へのトラックバック一覧です: 原発労働者を裏切り続ける日本政府(1)―隠される差別と搾取の現実/Rue 89(1月15日):

« 日本政府、原発稼働年限の延長へ/ユズィン・ヌーベル(1月18日) | トップページ | 原発労働者を裏切り続ける日本政府(2)―「女は売春、男は原発」/Rue 89(1月15日) »