無料ブログはココログ

« フランス人の55%が「原発は非常に危険」・IRSNによる認識調査/ルモンド紙(2月12日) | トップページ | 福島原発から60キロ・福島市内で「被爆限度量」10倍以上の汚染「除染ではなく避難が必要」/ルモンド紙&グリーンピース(12月7日) »

2012年2月19日 (日)

子どもが語る福島―アラ・デ・アラン監督によるドキュメンタリー『瓶の中のメッセージ』3月より制作開始

フランスとベルギーにおける原発作業員の労働現場、そして放射能被曝や首切りの不安に揺れる彼等の胸の内を撮った秀作ドキュメンタリー『原子力発電所、異常無し』(« RAS, Rien à signaler »、ベルギー・フランス、2009年)。当時フランスのニヨンで開かれた「真実を伝える画像」国際映画フェスティバルでも、社会問題に切り込んだ「調査部門」の優秀作に選ばれました。

<参考> ベルギーとフランスのテレビにて放映。以下のリンクは仏語による動画です。http://www.youtube.com/watch?v=TnQG-DJW7lk
是非プロの翻訳家による字幕をつけて日本でも公開して頂きたいドキュメンタリーです。

この作品を作ったアラ・デ・アラン監督が、昨年末から今年にかけて福島原発事故の後の日本の子どもたちの言葉をドキュメンタリーに記録すべく製作活動を行っています。3月にも訪日が予定されているとのこと。子どもたちの今の気持と言葉を映す作品の制作に、フランスを含む海外でも期待が集まっています。

●詳しくはこちら 『瓶の中のメッセージ』公式ブログ
http://message.in.a.bottle.over-blog.com/pages/_-5678803.html

« フランス人の55%が「原発は非常に危険」・IRSNによる認識調査/ルモンド紙(2月12日) | トップページ | 福島原発から60キロ・福島市内で「被爆限度量」10倍以上の汚染「除染ではなく避難が必要」/ルモンド紙&グリーンピース(12月7日) »

コメント

私信
フランスねこさんへ
何故 日本には真のジャーナリズムは何処へ消えたのでしょうか、日本人の記者達は恥ずかしくないのかなと思いますね。
時の政権に利用されて羞恥心はないのかと情けなくも腹立たしく思っております。
ところで、フランス ドイツ イギリスなどで.現在Youtubeに載っていないもので、福島原発問題などの取材した動画はないでしょうか.もし入手できればYoutubeにUPを御願い致します。

こんにちは。
私も『RAS, Rien à signaler 』とってもいい作品だと思いました。
本当に日本語がなく残念です。
下は『RAS, Rien à signaler 』の英語字幕
http://www.youtube.com/watch?v=_YLeHNT67uI&feature=player_embedded
RTR Nuclear 英語字幕
3月6日からのArte テレビ局のドキュメンタリー楽しみにしてます。

奥田さん、ユキさん、

コメントと情報をありがとうございます。英語を読まれる方は是非、ユキさん御紹介の「RAS」の英字幕版をご覧ください。

奥田さん

何か参考になりそうなものがあればこちらのブログで御紹介させて頂きます。フランス語の動画には日本語の字幕がついたものが少なくて少し残念です。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1487303/44181834

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもが語る福島―アラ・デ・アラン監督によるドキュメンタリー『瓶の中のメッセージ』3月より制作開始:

« フランス人の55%が「原発は非常に危険」・IRSNによる認識調査/ルモンド紙(2月12日) | トップページ | 福島原発から60キロ・福島市内で「被爆限度量」10倍以上の汚染「除染ではなく避難が必要」/ルモンド紙&グリーンピース(12月7日) »