無料ブログはココログ

« 福島原発事故による放射性ヨウ素、海中からも米国西海岸に到達/フィガロ紙(4月10日) | トップページ | アレバ社、福島原発から出た核燃料の再処理をフランスで行うことを提案/ルモンド紙(4月20日) »

2012年4月18日 (水)

東電・国有化の陰に潜む「暴力団との切れない関係」/ル・ポワン(3月16日)

1. 暴力団による「汚染」と東電国有化

「やくざと原子力マフィア」。スリラー映画の題名にでもなりそうだ。しかし、ああ、これはフィクションでは無い。福島原発事故から1年が経つ今日、ジェイク・アデルスタイン記者は日本を拠点に調査と取材を行ってきた。同記者による記事は、(原発事故の)悲劇の背景にある、私たちの知らなかった影の世界を明らかにしている。

アデルスタイン記者によれば、今後予定されている日本原子力業界の巨大企業「東京電力」の国有化は、同社の破産リスクのみが理由ではない。非公式には、何十年にもわたり暴力団との関係に「汚染」され続けてきた同社の経営を、国が引き受け改革する、という意味なのである。アデルスタイン記者は特にある自民党参院議員の発言を引用している。

「原子力発電はやくざの支配下に置かれるべきではありません。東京電力が反社会的勢力との関係を持ち、業務を行う上でこれらの勢力を遠ざけることができないのであれば、国家の安全保障にとって重大な問題であります。」


2. 被ばくを強要される「素直」な下請け作業員

これらの事実は何も新しいことではない。(東京電力が)やくざに原発労働者の手配を頼るようになった経緯は1990年代にさかのぼる。又、この数か月のうちに、非常に高い放射能汚染の中にさらされながらほとんど「自殺的」とも言えるような労働 ー破壊された原発の中心部分の洗浄― を行った労働者たちがいたことについては、特に言及しなければならない。

彼等には、(被ばく労働を行うか否かの)選択の余地が無かった。「労働者」の大部分がやくざとの何らかの関係のために現場に配置されている。彼等は借金まみれであるがゆえに、借金を返すために命じられた仕事全てを強制される。東京電力が選んだ「下請け作業員」として、命じられるがままに動く「素直な」労働者として。

やくざによる「業務」は下請け労働者の派遣にとどまらない。やくざと政治家の間にある闇の汚職は、建設許可の認可を取り付けるのに有利に働く。そして一部の暴力団組織、特に日本国内で最も強い影響力を持つ上位10組の一つである松坂会は、東京電力の傘下で瓦礫処理を引き受けていた可能性がある。

福島原発事故以来、そして東京電力自身がこうした「黒い関係」を自ら認めて以来、同社は警察庁と共に暴力団対策のための様々な会議に出席してきた。しかし、何も変わらないだろう。昨年6月、東京電力グループはやくざと共に業務を実施するそれまでの流儀を全くやめた訳ではないことを露呈した。(同グループの傘下で)復興事業の現場に配属された約140名の労働者が、偽の身分証明書で働いていることが明らかになったからである。

(抜粋・一部編集。小見出しは訳者によるものです)

( « Japon : Tepco et les yakuzas », Le Point, 2012.03.16)
http://www.lepoint.fr/monde/japon-tepco-et-les-yakuzas-16-03-2012-1442147_24.php

« 福島原発事故による放射性ヨウ素、海中からも米国西海岸に到達/フィガロ紙(4月10日) | トップページ | アレバ社、福島原発から出た核燃料の再処理をフランスで行うことを提案/ルモンド紙(4月20日) »

コメント

恐ろしい原発稼業は恐ろしい方たちのBACKUPがなくては
存続できない恐ろしいものだとよく理解できました。

ago10drさん

コメントをありがとうございました。しかしこれからどのようにこの現状を整理し変えてゆくのか、既に建ててしまったたくさんの施設を取り壊す際には誰がその仕事をするのか、いろいろと考えさせられます。暴力の構造は、原発産業が持つ一つの特性であるように感じます。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。


こんばんわ。you tubeで過去のニュースの深層で原発と暴力団とのかかわりについてやってましたので、以下にアップしておきました。


http://www.youtube.com/watch?v=pAESLsP8sI8&feature=plcp&context=C48458efVDvjVQa1PpcFP3HguQ116Q4HKwDo2rd348yODrb08Qg9k=
2012.1.24(火)ニュースの深層「ヤクザと原発 その関係性は」1/3

http://www.youtube.com/watch?v=hjVvNaFNHeE&feature=plcp&context=C413facbVDvjVQa1PpcFP3HguQ116Q4Li_OKjiXvNlK32q7ckHVdI=
2012.1.24(火)ニュースの深層「ヤクザと原発 その関係性は」2/3


http://www.youtube.com/watch?v=2SxTuvHWwmI&feature=plcp&context=C422f03eVDvjVQa1PpcFP3HguQ116Q4PbA_3rLav5oebI-VyappBs=
2012.1.24(火)ニュースの深層「ヤクザと原発 その関係性は」3/3


もちろん暴力は認めることができませんが、しかし、このジャーナリストさんのように色々な人がいて、様々な生き方があるなぁと改めて思いました。
当然、原発はなくさなければいけませんが。反原発活動も硬直してしまわないように、柔軟性がなければうまくいかないと思いますし、一人の人間として広さと柔軟性は失わないようにしたいなと思います。

atsuneco

atsunecoさん

情報共有をありがとうございました。私も鈴木智彦記者の『やくざと原発』を読みましたが、よく取材して書かれているた本だと思いました。原発産業と暴力団の深い結びつきを、地元の人の視点も交えながら問題意識を持って描いていると思います。ひきつづきどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島原発事故による放射性ヨウ素、海中からも米国西海岸に到達/フィガロ紙(4月10日) | トップページ | アレバ社、福島原発から出た核燃料の再処理をフランスで行うことを提案/ルモンド紙(4月20日) »