無料ブログはココログ

« 「福島原発事故を繰り返してはならない」米国・原子力規制委員長、原発の安全対策強化を求め辞任に追い込まれる/ラ・プレス(5月21日) | トップページ | 「マグロが運ぶ放射能、北太平洋全域を汚染」米科学者が専門誌で発表/ルモンド紙・PNAS(5月30日) »

2012年5月29日 (火)

「僕らは全てを失った」福島の農家、フランスで語る/ラ・クロワ(5月23日)

南仏の地方議会議長が福島の農家をフランスに招き、その現状に耳を傾ける機会を設けました。証言の中で語られている様々な課題や状況については人それぞれに考えがあるかと思いますが、何より被災地の農家の声に直接耳を傾けようとする見知らぬ土地の人びとの姿勢に心を打たれます。
。。。。。。。。。。。。。。。。

ヴォクルーズ県(注1)のオリビエ・フロロン地方議会議長は、福島からの帰国後、原発事故の大惨事によって被害が倍増した日本での大津波から最初の1年がたつのを機会に、日本の同僚をフランスに招きその証言に耳を傾けることを決めた。福島の農家、武田伸也(注2)はこうしてヴォクルーズ県のペルヌ・レ・フォンテーヌ(注3)へやって来た。以下は武田伸也が語った言葉である。

「2011年の3月11日以来、日本の農業は悲惨な状況に直面しています。もう誰も、被災地や放射能に汚染された地域の農産物を買いたいという人はいません。米すらも輸入されているのです。津波で農地が破壊された後、原発事故が追い打ちをかけました。食品の問題はとても複雑に入り組んでいます。放射能の被害を受けた11の県では、もう何も売れません。有機栽培の農作物にも堆肥づくりにも、もう誰も目をくれません。

でも農民たちは避難せず自宅にとどまっています。お金がないので土地を捨てて出てゆくことができないのです。生産を続けていますが、農家と消費者の間の溝は悲惨な形で深まるばかりです。

それでもまだ足りないかのように、農民たちは3つ目の惨事にさらされています。政府がアジア太平洋地域の国々との自由貿易ゾーンに加入するために関税を撤廃することを決めたのです。農作物の輸入は爆発的に増えるでしょう。

原発事故を起こして資金が底をついた東京電力は、もはや補償金を被災者に払うことを保障できません。東電はもうすぐ国有化されることが決まっています。ですから、政府が保障をしなければならなくなります。税金を上げることによって。」

武田伸也は、決して笑顔を絶やさずに、今日福島周辺の農民たちがどんな犠牲を払いながら生きているのか、日本人が「復興」でどんな社会を目指すべきかについてどのように自問しているのか、について語った。

「もう稼働している原発はゼロになりました。全ての原発が止まって、再稼働は大きな議論を引き起こしています。私たちは経済の急降下とまた起きるかもしれない新しい原発事故の危険の狭間で生きています。福島原発第四号機の核燃料プールは今も私たちの不安の元凶であり続けています。そして私たち日本人は、再び大事故が起きるのを苦悩しながら待ち受けているのです。私たちは恐れの中に生きています。」


(注1)ヴォクルーズ県はフランスの南東に位置する地方。
http://fr.wikipedia.org/wiki/Vaucluse_(d%C3%A9partement) 


(注2)武田さんは農家による組織「農民連」の国際部員で、小規模農民の権利を守るための国際的な農民組織「ラ・カンペジーナ」を通じたフランスを含む海外組織との連携活動を担当している。

武田伸也さんのフォト・ジャーナル(2011年)
http://www.youtube.com/watch?v=l25TD104k9A 

農民連・災害支援隊オフィシャル・サイト
http://earlybirds.ddo.jp/earlybirds/saigai/?cat=8 

武田さんによる「ラ・カンペジーナ」についての報告
http://www.nouminren.ne.jp/dat/200906/2009062209.htm 


(注3)ペルヌ・レ・フォンテーヌは南仏に位置する人口約1万人の町。
http://fr.wikipedia.org/wiki/Pernes-les-Fontaines 

(« Fukushima : ces paysans qui ont tout perdu », La Croix, 2012.05.23)
http://www.laprovence.com/article/carpentras/fukushima-ces-paysans-qui-ont-tout-perdu

« 「福島原発事故を繰り返してはならない」米国・原子力規制委員長、原発の安全対策強化を求め辞任に追い込まれる/ラ・プレス(5月21日) | トップページ | 「マグロが運ぶ放射能、北太平洋全域を汚染」米科学者が専門誌で発表/ルモンド紙・PNAS(5月30日) »

コメント

はじめまして。

こんな記事がフクシマ地元新聞に載っています。
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9974437&newsMode=article

YOU TUBEにもアップされています。
http://www.youtube.com/watch?v=foRSPHeuSNw

信じられないです。牛乳は汚染されているに決まっているのに・・・。

フランスではニュースになっていませんね?

ceriseさん

御連絡ありがとうございました。
ダノンによる福島の酪農家への支援については、私も報道は見かけていません。でも、見ていないだけでどこかで報道されているのかもしれません。農家や酪農家にとって本当に意味のある支援とは、と考えます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「福島原発事故を繰り返してはならない」米国・原子力規制委員長、原発の安全対策強化を求め辞任に追い込まれる/ラ・プレス(5月21日) | トップページ | 「マグロが運ぶ放射能、北太平洋全域を汚染」米科学者が専門誌で発表/ルモンド紙・PNAS(5月30日) »