無料ブログはココログ

« NY近郊で原発が故障事故、急停止/ラ・ヴワ・ド・ラ・リュシ&インディアン・ポイント・エネルギー・センター(6月7日) | トップページ | 原子力発電の隠された犠牲者たち:誰も知りたがらないウラン鉱山の真実 その1/ル・タン(5月23日) »

2012年6月16日 (土)

野田首相、福島原発事故以来初めて原発の再稼働を命令/ルモンド紙(6月16日)

野田佳彦首相は6月16日、昨年3月11日に起きた福島原発事故の発生以来初めて、大飯原発にある二基の原子炉の再稼働を命令した。

「我々は再稼働を決定した。現在、適切な再稼働のための準備を行っている。」

枝野幸男経済産業大臣は記者会見でこのように述べた。

今回の再稼働は、福島原発事故の教訓を踏まえ経済産業省からより独立した機関として新たに設置予定だった「原子力規制庁」の発足を待たずに決定されたもの。野田首相は今回の決定に関し「日本の経済と国民の生活を守るため」に再稼働が必要、との正当化を行なった。

前日の6月15日、ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎氏は他の著名人および数千人の市民たちとともに日本政府を訪れ、政府に対し原子力の使用をやめるよう求める市民約700万人分の署名を提出した。

これに対し枝野大臣は、

「国民の間で意見が分かれていることは承知しているが、政治家の役目は全ての人が賛成でなくとも決断を行うことだ。」

と述べている。

(要約)

<参考> 6月15日夕刻、首相官邸前に集まり野田首相に対し原発再稼働への反対を訴える市民達の様子。この日、1万人以上の人が原発の再稼働反対のメッセージをたずさえて集まった(tkimura6502さんによるYutube動画です)。
http://www.youtube.com/watch?v=1YkSUrDqxKU

(LeMonde.fr & AFP, « Le Japon relance deux réacteurs nucléaires, les premiers depuis Fukushima », Le Monde, 2012.06.16)
http://www.lemonde.fr/japon/article/2012/06/16/le-japon-relance-deux-reacteurs-nucleaires-les-premiers-depuis-fukushima_1719568_1492975.html

« NY近郊で原発が故障事故、急停止/ラ・ヴワ・ド・ラ・リュシ&インディアン・ポイント・エネルギー・センター(6月7日) | トップページ | 原子力発電の隠された犠牲者たち:誰も知りたがらないウラン鉱山の真実 その1/ル・タン(5月23日) »

コメント

フランスねこさんへ
これが先進国の日本かと……
何処かの独裁国家と同じではないでしょうかね。
いや、自由の民主主義国家だと政府と大手マスコミに洗脳され続けてきたのかも知れません。日本政府はNaziと組織が似ているのではと疑念を抱いております。

奥田さん

コメントをありがとうございます。6月15日の夕刻に首相官邸前で大飯原発の再稼働に抗議を行った市民たちの様子はほとんど大手メディアでは報道されなかったとのこと、メディアのあり方も含め疑問をもたずにはいられません。原発が本当に必要だということであれば、原子力を争点にして首相を直接国民による選挙で選ぶべきではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NY近郊で原発が故障事故、急停止/ラ・ヴワ・ド・ラ・リュシ&インディアン・ポイント・エネルギー・センター(6月7日) | トップページ | 原子力発電の隠された犠牲者たち:誰も知りたがらないウラン鉱山の真実 その1/ル・タン(5月23日) »