無料ブログはココログ

« 「10万年後の安全」フランス、放射性廃棄物の地下埋蔵処理を計画/クーリエ・アンテルナショナル(5月29日) | トップページ | 「政府は私たちが死ぬのを待っている」仏核実験の被曝者720人のうち、補償認定は4名のみ/ルモンド紙(5月29日) »

2012年6月 9日 (土)

「震度7でチェルノブイリの10倍の放射能を放出」:第四号機の終わり無き「緊急事態」/ルモンド紙(6月8日)

《訂正と御詫び》ア―ニー・ガンダーセン博士の発言で当初「核反応」と訳していた箇所につきまして、元の記事では「反応」となっていたことに気づいたため、正確を期すために修正させて頂きます。誤解された方、申し訳ありませんでした。(6月9日)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

日本国内外の原子力関係者が最も危険を危惧する福島原発第四号機。心配の元凶である第四号機の使用済み燃料プールには、現在も計1535本の使用済み核燃料が残されている。震度7以上の地震や冷却装置の停止が起き、核燃料棒が空気に触れれば、チェルノブイリ原発事故の際に放出された量の10倍にあたる量の放射性セシウムが空気中に放出される危険があるという。こうした危機への解決策が見出されない中、日本政府は国民の大多数による反対を押し切って大飯原発の再稼働を急いでいる。


●福島原発 第四号機

昨年3月15日に起きた大規模な水素爆発で建物の骨組みが大きく破壊され、強度が脆弱となった福島原発第四号基の使用済み核燃料プール。大多数の原子力専門家は、強い地震が再び起きる、もしくは冷却装置が停止した場合には、現在ある建物の残骸が完全に崩壊すると見ている。6月6日、東京電力は、使用済み核燃料プールの冷却装置に取り付けられた2つのポンプのうちの一つが故障したと発表した。幸い故障は解決したが、福島第四号機が現在置かれている極限の状況と深刻な危険が改めて浮き彫りになった形だ。

第四号基の使用済み核燃料プールにある使用済み核燃料棒が(地震などで)空気にさらされれば、深刻な惨事に至ると見られている。米国エネルギー省の元幹部ロバート・アルバレスは、こうした事態が起きれば

「チェルノブイリ原発事故の時に放出されたセシウム137の、10倍にあたる量のセシウムが放出されるだろう。」

と述べる。エネルギーに関する専門家集団、フェアウィンズ・アソシエートのア―ニー・ガンダーセン博士は言う。

「一度核燃料棒が空気に触れて反応が始まれば、止めることは容易ではありません。(プールにある)全ての放射性物質が空気中に放出されるでしょう。」

<参考>ガンダーセン博士による4号機の現状解説/Youtube(5月24日、英語です)「自然災害は私たちを待ってはくれません。しかし日本政府は十分迅速な対応を行なっているように見えません。」
http://www.youtube.com/watch?v=cXjlRbh7dxk 

最悪の事態が起きた場合、日本政府は東京都の住民全員を退避させることを想定している。

今年2月に日本を訪れたフランス原子力庁のベルナール・ビゴ長官もこうした危険を認識、使用済み核燃料プールから核燃料棒を取り出すことを「緊急の最重要課題」と指摘している。

これに対し東京電力は、使用済み核燃料プールには十分な水があり、補強工事により震度6強の地震にも耐えられようになったので安全、と主張している。他方で日本政府は、5月25日に原子力事業に関する規制に基づき、現在大きく破壊され変形している第四号機の建物西側の内壁の強度を再度確認するよう指示を行なった。翌日の5月26日に現場を視察した原子力行政を担当する細野豪志大臣は、

「(福島原発第四号基が)不安定な状況にあるとは思わない」

と述べている。しかし昨年3月11日には福島で既に震度7の地震が発生している。村田光平元駐スイス大使(注)は「国家の安全保障にかかわる緊急問題であり、一企業に任せるべきではない」と指摘する。


●野田政権による再稼働に非難集中

このような緊迫した状況にもかかわらず、野田政権は全力で福井県の大飯原発再稼働に邁進、地元福島県を含む全国の国民から強い非難の声が噴出している。政府は再稼働を推進する表向きの理由として、関西での電力不足を理由に挙げているが、実際には現在停止している50基の原発を再稼働させるための一貫とも見られている。しかし福島原発事故の検証は終了しておらず、事故を踏まえた新たな安全規準も施行されていない。

6月6日、東京ではノーベル文学賞受賞者の大江健三郎氏を含む約3千人の市民が集まり再稼働反対の声を上げた。同じ日、広島と長崎の被爆者団体「日本原水爆被害者団体協議会」は、野田政権に対し大飯原発の再稼働と原子力の使用をやめるよう求める特別決議を採択した。大飯原発で事故が起きた場合の放射能による被害についての調査は手つかずのままだ。ワシントンにベースがあるピュー・リサーチ・センターによる世論調査によれば、80%の国民が政府による原発事故への対応に「不満」と答えている。

(抜粋・一部編集)

(注)
○村田光平元駐スイス大使が野田首相に送った書簡/Various Topics(5月2日)
http://afternoon-tea-club.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/05/post_0a58.html 

○村田光平元駐スイス大使による参議院での証言/Youtube(3月22日)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Q5oniO6TG-U 

(Philippe Mesmer, « A Fukushima, état d’urgence pour le réacteur 4 » & « Les Japonais très mécontents de la politique nucléaire de leur gouvernement », Le Monde, 2012.06.08)

« 「10万年後の安全」フランス、放射性廃棄物の地下埋蔵処理を計画/クーリエ・アンテルナショナル(5月29日) | トップページ | 「政府は私たちが死ぬのを待っている」仏核実験の被曝者720人のうち、補償認定は4名のみ/ルモンド紙(5月29日) »

コメント

ドジョウとして登場したはずの野田総理

いつの間に産業界のポチになったのか。

マニフェストを反故にしただけでは気が済まず、

多くの国民が嫌がる消費税の増税と、原発再稼働を断行し

次はポチから狂犬に変身つもりかな。
 

長田町の変人さん

コメントをありがとうございました。次の選挙はどうなるのでしょうか。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。

フランスねこさんへ
忙しい中.情報提供をありがとうございます。
在スイス日本大使の発言の動画は見逃していましたので参考になりました。

奥田さん

こちらこそ、いつもいろいろな情報をお知らせ頂きありがとうございます。
村田元大使は積極的に野田政権への働きかけを行なっていらっしゃるようですね。様々な立場から声をあげることが大事なのだと思います。日本は既に梅雨入りのようですが、お元気で御過ごしください。

いつも貴重な情報アップしていただいてありがとうございます。

「核反応」という訳について、ひつこい馬鹿な連中に絡まれたのか、「訂正と御詫び」をされていますが、彼らの目的はフランスねこさんの翻訳者としての信用を傷つけることであり、一般の読者にとっては、原文の文脈において、核反応だろうが「反応」だろうが、あまり変わりがありません。いずれにしても、チェルノブイリの10倍のセシウム137が大気中に放出されるとなっているのですから。重大な「反応」であることは間違いないのですから。
もとの記事は一般紙ルモンドのものであり、科学論文ではありませんから、用語もそう厳密なものであるわけではありません。なのにそういう細かい点をわざわざ指摘してくるのは、明らかにタメにする議論であると思われます。
おそらくはお金で雇われているような連中なのでしょう。フランスねこさんのような活動をされていると、そうした妨害もいろいろ起こってくると思いますが、わたしたちも応援しますので、ぜひ負けずに頑張っていってください。今後もご活躍、期待しております。

どらみさん

御連絡ありがとうございました。応援を頂いて大変うれしく思います。記事の方は特に誰かに絡まれたという訳でもないのですが、正確を期した方が良いと思い、再度読み直して修正してみました。おっしゃるとおり、全体の文脈にはあまり大きな違いはないと思います。

それほど頻繁に更新できないのですが、これからもマイペースでできる範囲でやっていこうと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「10万年後の安全」フランス、放射性廃棄物の地下埋蔵処理を計画/クーリエ・アンテルナショナル(5月29日) | トップページ | 「政府は私たちが死ぬのを待っている」仏核実験の被曝者720人のうち、補償認定は4名のみ/ルモンド紙(5月29日) »