無料ブログはココログ

« 「3.11後の民主主義とは」フランス・日本・福島の科学者と市民がつくるシンポジウム/日仏会館(6月22日) | トップページ | 野田首相、福島原発事故以来初めて原発の再稼働を命令/ルモンド紙(6月16日) »

2012年6月15日 (金)

NY近郊で原発が故障事故、急停止/ラ・ヴワ・ド・ラ・リュシ&インディアン・ポイント・エネルギー・センター(6月7日)

ニューヨーク市の北50キロの地点にある「インディアン・ポイント原子力発電所」第2号機で、6月6日早朝、主要発電機が機能しなくなるトラブルが起き、原子炉が急停止する事故があった。同原発を管理・運営するエネルギー・コーポレーション社(Energy Corporation)が明らかにした。

インディアン・ポイント原発はニューヨーク市が消費する電力量の25%~30%を発電している。ニューヨーク市は800万人以上の人口をかかえる米国内最大の都市。事故による放射能漏れは観測されていない。

(一部編集)
※リア・ノヴォスティ紙の記事を元に作成し、インディアン・ポイント・エネルギー・センターによるプレスリリースに基づく情報でアップデートしました。


○インディアン・ポイント原子力センターによるプレスリリース(6月7日)
http://www.safesecurevital.com/newsroom/press-releases/entergy-returns-indian-point-2-nuclear-power-plant-to-service-3.html 

(« Un réacteur s’arrête dans une centrale nucléaire aux USA », La Voix de la Russie, 2012.06.07)
http://french.ruvr.ru/2012_06_06/Etats-Unis-centrale-nucleaire-reacteur/

« 「3.11後の民主主義とは」フランス・日本・福島の科学者と市民がつくるシンポジウム/日仏会館(6月22日) | トップページ | 野田首相、福島原発事故以来初めて原発の再稼働を命令/ルモンド紙(6月16日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「3.11後の民主主義とは」フランス・日本・福島の科学者と市民がつくるシンポジウム/日仏会館(6月22日) | トップページ | 野田首相、福島原発事故以来初めて原発の再稼働を命令/ルモンド紙(6月16日) »