無料ブログはココログ

« 「低線量被ばくがもたらす被害を解明せよ」被ばくした動物標本の保存に奮闘する世界の科学者たち/クーリエ・アンテルナショナル&ネイチャー(7月5日) | トップページ | 米サン・オノフレ原発:蒸気生成装置で配管3400本が破損「当初発表より深刻な事態」/ルモンド紙(7月14日) »

2012年7月16日 (月)

「原発いらない」届け17万人の声/ルモンド紙(7月16日)

Ap_koji_sasahara_0713_4
(ルモンド紙より引用。AP Koji Sasahara)

福島での原発惨事が起きてから16ヶ月が過ぎた7月16日、原子力の使用をやめるよう求める数万人規模の大規模集会が東京で開かれた。主催者によると、この日代々木公園に集まった市民は17万人。当初の目標だった10万人を大きく上回った。市民らは、福島が位置する東北、北海道、九州、四国、関西など日本全国各地から、この集会のためにやって来た。

「原発いらない!」
「福島を返せ!」

集会の参加者らは出身地名や原発反対のメッセージが書かれた色とりどりのノボリを手に声を上げた。

「汚染のないきれいな日本を、私の子どもや孫に残したいと思います。」

引退し年金暮らしを送っている市川あきこは、滋賀県から参加した。

広場に設置された各地域のブース、歌、コント―集会の主催者らは今回の抗議行動に、思い切って「お祭り」の雰囲気を与えることを望んだ。他方、原発反対デモに参加する市民の数は、この数ヶ月増えつづけている。

現在日本にある50基の原子炉のうち、稼働しているのは1基のみだ。しかし各電力会社は原発の周辺に住む住民の心配にもかかわらず、原発を今後どんどん再稼働させることを望んでいる。

※ルモンド紙に掲載の他の画像(全8枚)も是非御覧ください。表示された写真をクリックすると次の画像が見れます。
http://www.lemonde.fr/japon/article/2012/07/16/importante-manifestation-antinucleaire-a-tokyo-16-mois-apres-fukushima_1733974_1492975.html 

(Le Monde.fr, « Importante manifestation antinucléaire à Tokyo, 16 mois après Fukushima », Le Monde, 2012.07.16)

« 「低線量被ばくがもたらす被害を解明せよ」被ばくした動物標本の保存に奮闘する世界の科学者たち/クーリエ・アンテルナショナル&ネイチャー(7月5日) | トップページ | 米サン・オノフレ原発:蒸気生成装置で配管3400本が破損「当初発表より深刻な事態」/ルモンド紙(7月14日) »

コメント

ユキさん

ご無沙汰しています。リンクのお知らせをありがとうございました。日本でのデモの模様は海外からも注目を集めているようですね。私も日本国内の大手新聞での扱いが小さいのに驚きました。それでも、これまでを考えると一番大きく載ってはいましたが。。新聞の1〜2面を使って扱うべき記事だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「低線量被ばくがもたらす被害を解明せよ」被ばくした動物標本の保存に奮闘する世界の科学者たち/クーリエ・アンテルナショナル&ネイチャー(7月5日) | トップページ | 米サン・オノフレ原発:蒸気生成装置で配管3400本が破損「当初発表より深刻な事態」/ルモンド紙(7月14日) »