無料ブログはココログ

« 「原発反対」を報じない日本のメディア/クーリエ・アンテルナショナル(6月21日) | トップページ | 「原発ゼロ」を望む日本人、原子力存続へ動く野田政権/ルモンド紙(7月25日) »

2012年7月24日 (火)

フランスの電気料金、2020年には1.5倍以上に:「未来への投資」と原子力の代償/ルモンド紙(7月19日)

現在の法制度と人々の電力消費に関する行動パターンが変わらなければ、フランス一般家庭の電気料金は2020年に現在の1.5倍以上に増加する。自然代替エネルギー導入のための投資と原子力発電にかかるコスト増大がその理由だ。ただし「1.5倍」という数字には、原子力発電にかかわる新たな増加分―原子力施設の安全対策強化費や廃炉、事故に備えた保険料など―は含まれていない。原子力発電にかかる費用は今後最大で1.8倍に跳ね上がることが予想されており、電気料金をさらに押し上げる可能性がある。フランス元老院(上院に相当。注)が7月18日、国会内の政府エネルギー規制委員会による検討結果を元に作成した報告書の中で明らかにした。

オランド新大統領は選挙の公約としてエネルギー政策の転換に関する政策議論の実施を約束しており、同報告書は秋に実施される議論の元となるもの。フランス政府は同時に、生活に必要最小限の電力消費と、快適さ追求のための電力消費に差をつける料金体系を導入し、電気料金の総値上げ幅を2%に抑えることを検討している。

●値上げの内訳:「未来への投資」と増大する「原子力発電の代償」

報告書によると、平均的な一般家庭で電気による暖房設備を使用している場合、年間の電気料金は2011年の874.5ユーロ(年約83,400円、月約7,000円)から2020年には1307ユーロ(年約124,600円、月約10,400円)に増加する。
増加分の433ユーロのうち、28%は代替エネルギー買い取り価格への上乗せ分を含む「公共電気サービス貢献税」にあてられる。37%は送電に、35%は発電に充当される予定だ。

エネルギー規制委員会はこの値上げについて次のように述べている。

「エネルギー政策の転換に先鞭をつけるための代償として、自然代替エネルギー導入のため一時的に電気料金を上げなければなりません。今回の値上げは、将来のための必要な投資と考えなければなりません。」

他方、報告書を作成した元老院議員らは、フランス国内における原子力発電にかかる費用がまだまだ過少評価されていると指摘している。これには福島での原発事故の後に義務付けられた原子力発電所の安全対策強化にかかる維持管理費用が含まれる。元老院議員らは原子力の発電料金をメガワット時間あたり54.2ユーロ(約5200円)と見積もっている。しかしこれは、今年の初めに会計検査院が(福島原発事故を受けた原子力施設への安全対策強化を考慮して)見積もったメガワット時間あたり49.5ユーロ(約4700円)という価格や、現在フランスで適用されている原子力発電による電力公式価格42ユーロ(約4000円、2012年1月1日以降適用)を上回るものだ。

原子力発電にかかる費用については、会計検査院が春に公表した報告書の中で、特に廃炉、事故に備えた保険料、研究費等のための追加費用が必要となる可能性を明らかにしている。エネルギー規制委員会のデュッセサール元老院議員によると、こうした可能性を考慮した場合、原子力の発電料金はメガワット時間あたり75ユーロ(約7200円、現在の公式料金の1.8倍)にも跳ね上がる。しかし増加額が確定されていないことから、今回の料金値上げに関する推定値には反映されていない。


●電気料金体系の見直しと新エネルギー政策の設立へ

今回の報告書は、新政権が秋に実施を予定するエネルギー政策の転換に関する政策議論の参考とされるものだ。オランド大統領は選挙の公約として、こうした政策議論の実施を約束している。オランド大統領はまた、2025年までに原子力を現在の75%から50%に減らし2017年までにフッセンハイム原発を廃止することを公約している。

フランス政府は8月1日時点で電気料金の値上げを2%に抑えることを決定した。他方、生活のためにどうしても必要な電気の使用と快適さ追求のための電気の使用における電気料金に段階的な差をもうけ、電気の料金体系を構造的に見直すことを検討している。

(要約。小見出しはフランスねこがつけました。)

(注) フランスは二院制をとっており、国会は上院に相当する「元老院」と下院に相当する「国民議会」からなっている。http://ja.wikipedia.org/wiki/元老院_(フランス) 

●元の記事
「フランス人の電気料金、2020年には現在の50%増に」ルモンド紙(7月19日)
( « La facture d’électricité des Français augmenterait de 50% d’ici à 2020 », Le Monde, 2012.07.19)
http://www.lemonde.fr/economie/article/2012/07/19/la-facture-d-electricite-des-francais-doublera-d-ici-a-2020_1735483_3234.html

« 「原発反対」を報じない日本のメディア/クーリエ・アンテルナショナル(6月21日) | トップページ | 「原発ゼロ」を望む日本人、原子力存続へ動く野田政権/ルモンド紙(7月25日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「原発反対」を報じない日本のメディア/クーリエ・アンテルナショナル(6月21日) | トップページ | 「原発ゼロ」を望む日本人、原子力存続へ動く野田政権/ルモンド紙(7月25日) »