無料ブログはココログ

« 夏休みのお知らせ | トップページ | 風がもたらしたもの(その2)/クーリエ・アンテルナショナル(7月26日) »

2012年8月 3日 (金)

風がもたらしたもの(その1)/クーリエ・アンテルナショナル(7月26日)

もしあなたが「風で生きてゆくなんて不可能だ」と思うなら、その前提自体を考え直してほしい。なぜなら、それこそがまさに干ばつ被害で知られるブラジル北東部の寒村セルタオ・ダ・バヒア村(注1)に住む300世帯の家庭に起きつつあることだからだ。

カエティテの町(注2)に住むテレジンハ・マリア・ロシャ・パエスは飼料用のサボテンとイネを畜産農家に売り年に6百~千レアル(約2万3千円~3万8千円)を稼いで生活してきた。しかし風力発電所の建設事業に土地を貸すことになってからは、テレジンハは年5千5百レアル(約21万円)の収入と家具付きの3LDKの家を得ることができるようになった。今日、テレジンハは夫と2人の子ども、そして実母とともに風車の近くにある家に住んでいる。

「神の恵みです。」

テレジンハは言う。


●風力発電が変えたもの

レノバ・エネルジーア社(ブラジルの主要電力会社CEMIGの子会社)は、この地域に184台の風車を備えた14の風力発電所からなるラテンアメリカ最大の風力発電施設を建設した。設備の発電容量は294メガワットで、54万世帯(人口およそ150万人に相当)に十分な電力を供給できる。同社はこの事業に12億レアル(約460億万円)を投じた。発電施設の敷地に住んでいる13万5千人の人々は極度の貧困に喘いでいたが、この事業によって収入の向上をはかることができた。キャッサバ(芋の一種。注3)やトマトや飼料用作物を作って自給自足農業で生活していた貧しい人々の生活に大きな変化がもたらされたのである。

レノバ社がやって来た時、多くの住民達はこれ見よがしに話を疑い、土地を貸そうとはしなかった。そのために同社は事業計画を見直さざるを得なくなり、いくつかの風車についてはその設置場所を変更することを強いられた。しかしテレジンハによれば、当時風力発電計画に反対した人々は今日後悔している。

ジェズリーノ・バルボーサ・ネトは今も妻とともにキャッサバを植え、収穫後はこれを牛車に載せて町まで運び、売ることで生計を立てている。ジェズリーノの年収は400レアル(約1万5千円)を超えることは無い。しかし風力発電所に土地を貸し、賃料を得ることができるようになったおかげで、8人いる子どもたちのうちの1人をサルバドールの医学部に送ることができた、と農夫は得意げに語った。

「私は恐れずに土地を貸しました。そして私の収入は大きく増大したのです。私にとって風力発電は魔法のようなものです。」

(続く)

(抜粋、一部編集。小見出しはフランスねこが付けました。)

(注1)セルタオ・ダ・バヒア村はブラジル北東部の村。主な産業は、牧畜と農業。村の様子(画像):
http://www.google.co.jp/search?q=Sertao+da+Bahia&hl=ja&client=safari&rls=en&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=2MgbUOEBo9eYBb-cgaAD&ved=0CE0QsAQ&biw=1277&bih=636 

(注2)カエティテは人口4万7千人の町。町の様子(画像):
http://www.google.co.jp/search?q=Caetité&hl=ja&client=safari&rls=en&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=GsobUL6XCOr6mAWqnICAAg&ved=0CDoQsAQ&biw=1277&bih=636

(注3)キャッサバ
http://ja.wikipedia.org/wiki/キャッサバ 

●元の記事 「ブラジルでは風が十分な恵みをもたらす」クーリエ・アンテルナショナル(7月26日)

Ramona Ordo¨nez,« Au Brésil, autant en rapporte le vent », Courrier International, n1134, le 26 juillet 2012
http://www.courrierinternational.com/article/2012/07/26/au-bresil-autant-en-rapporte-le-vent(ブラジル・リオデジャネイロ発行「O Globo」紙記事の仏語要約)

« 夏休みのお知らせ | トップページ | 風がもたらしたもの(その2)/クーリエ・アンテルナショナル(7月26日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休みのお知らせ | トップページ | 風がもたらしたもの(その2)/クーリエ・アンテルナショナル(7月26日) »