無料ブログはココログ

« 米国:格安シェール・ガス出現で原子力の競争力が急降下 フランス電力公社、米国での原発建設を予定せず/ルモンド紙(9月5日)&ラ・トリビューン紙(8月31日) | トップページ | 広がり続ける「原発反対」の声、原発に邁進する野田首相/クーリエ・アンテルナショナル(8月16日) »

2012年9月 6日 (木)

仏最古の原発フッセンハイムで事故―作業員ら化学物質で火傷、高まる国民の不信/フランス国際放送(9月5日)

【御詫びと訂正】その後の報道記事より、事故発生当時の状況に関する冒頭部分を修正しました。お詫びして訂正致します。(9月7日)

フランス最古の原発(運転開始後35年目)フッセンハイム原発(アルザス地方)で9月5日、化学反応によると見られる蒸気が突然発生し、2名の原発作業員らが両手に化学物質による火傷を負う事故が発生した。現場にはおよそ50台の消防車が駆けつけ事態の収拾に追われた。オランド新政権は大統領選挙の際にフッセンハイム原発を稼働40年目にあたる2017年までに廃炉にすることを公約。フッセンハイム原発の事業責任者であるフランス電力公社は「火事では無い」として事故の被害を小さく見せようと躍起になっている。しかし今回の事故を機に同原発の安全性を疑問視する声は高まっており、緑の党や原発に反対する市民団体らは「40年の稼働期間は安全性の観点から問題がある」として廃炉の時期を早めるよう求めている。

(要旨、一部編集)

●参考 現場に到着した多数の消防車(画像)「フッセンハイム原発で化学反応事故」/ルモンド紙(9月5日)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2012/09/05/des-blesses-apres-un-incident-a-la-centrale-de-fessenheim_1755978_3244.html

● 元の記事 フランス国際放送による« 24h en France »(9月5日 放送分)のトップ記事より作成しました。

●参考「フッセンハイム原発で原子力事故、複数の負傷者」/フランス国際放送(9月5日)
http://www.rfi.fr/france/20120905-nucleaire-incident-fessenheim-fait-blesses

« 米国:格安シェール・ガス出現で原子力の競争力が急降下 フランス電力公社、米国での原発建設を予定せず/ルモンド紙(9月5日)&ラ・トリビューン紙(8月31日) | トップページ | 広がり続ける「原発反対」の声、原発に邁進する野田首相/クーリエ・アンテルナショナル(8月16日) »

コメント

フランスねこさんへ
広島大学が福島原発事故による放射能汚染で 白血病に関する研究結果が公表されましたね。 原発事故の半径50キロ圏内では確率が高いようです。
しかし、日本国政府は被災者に対してどう対処するのでしょうか、例のごとく無策で責任転嫁の考えでしょうかね。
全く日本国政府は過去から反省がない態度には腹立たしく憤慨します。
これで先進国の政府と言えるのでしょうか……

奥田さん

情報をありがとうございます。広島大学による研究結果、すぐには見つけられなかったのでリンクを教えて頂けないでしょうか。お手数をおかけ致します。

フランスねこさんへ
確か新聞社のニュースだったと記憶していますが、私はうっかりして記録を飛ばしてしまい見つかりませんでした。
申し訳ありません。

奥田さん
お返事ありがとうございます。お手数をおかけしました。もう少し探してみますから大丈夫です。取り急ぎの御礼まで。

http://gen4.fr/2012/09/japon-situation-electronucleaire.html

Tandis que le 4 septembre vers 11h, un nuage de vapeur et / ou de gaz s’échappait de ce que notre ami et collègue Pierre Fetet pense être l’une des cheminées de dégazage de la piscine électronucléaire commune, deux autres événements se produisaient quasiment simultanément :

ベントしてる絵をクリックするとYouTubeへ

pochifxさん

情報をありがとうございました。9月4日に何が起きていたのでしょうか。頂いた記事を早速拝見してみます。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国:格安シェール・ガス出現で原子力の競争力が急降下 フランス電力公社、米国での原発建設を予定せず/ルモンド紙(9月5日)&ラ・トリビューン紙(8月31日) | トップページ | 広がり続ける「原発反対」の声、原発に邁進する野田首相/クーリエ・アンテルナショナル(8月16日) »