無料ブログはココログ

« 原発廃止を目指すスイス、電気暖房の「追放」へ/エコノミー・マタン(9月26日) | トップページ | ドイツ環境・原子力安全対策大臣へのインタビュー「原発廃止に向け国内外で連携を強化」「困難、必ず乗り越える」/ルモンド紙(9月21日) »

2012年10月 3日 (水)

米下院で原発の稼働延長認可を遅らせる「原子炉の安全が第一」法が成立/ロイター(9月26日)

米国は今後、40年の稼働期間を超えた原発の稼働延長認可について、申請対象となる原発が稼働期間の満了直前となるまで、また安全状況がより詳細に把握されるまで、その承認を延期する。これまでは稼働期間の満了間際になる前からあらかじめ稼働の延長認可を受けることが可能だった。

「原子炉の安全が第一」法と名付けられたこの法律は、9月26日、マサチューセッツ州のジョン・ティエルニーとエドワード・マーキーの両国会議員(民主党)によって米国下院で成立した。2名の国会議員らは「今回の法律の成立により、年月を経た原発の安全性がこれまでより確実になる」と述べている。

米国では原子炉の稼働が40年までと定められており、原子力規制委員会の認可により最大60年まで延長できる。現在原子力規制委員会に稼働期間の延長申請を行っている13の原発のうち、稼働期間の満了までに10年以上の期間が残されているものは9基にのぼる。これらについては認可が見送られるとともに、残りの4基についてもより厳しい規準に基づいた審査がなされることになる。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「米国の下院議員ら、原発の稼働認可を遅らせる試み」/
ロイター(9月26日)
http://in.reuters.com/article/2012/09/26/utilities-nuclear-idINL1E8KQCA420120926

« 原発廃止を目指すスイス、電気暖房の「追放」へ/エコノミー・マタン(9月26日) | トップページ | ドイツ環境・原子力安全対策大臣へのインタビュー「原発廃止に向け国内外で連携を強化」「困難、必ず乗り越える」/ルモンド紙(9月21日) »

コメント

フランスねこさんへ
こんばんは
何故、日本政府はあくまでも原発を推進したいのか 全く理解不能です。
しかも、反原発運動も福島原発事故現場も放射能汚染問題も何も無かったかのようにマスコミを使い人々を洗脳しているのには異常としか思えません。 敢えて新潟県知事 函館市長らは声を上げていますが……
未だに他の自治体から声が上がらないのには呆れてます。
政界ならびに財界を見ていると戦争に進んだ日本政府とだぶって見えるのは私だけでしょうか……

奥田さん

こんにちは。お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
フランスの緑の党は原発の廃炉とセットで、原発がある地元自治体への雇用対策支援を提言していますが、原発が無くても地方の小さな町や村が住民の尊厳ある生活を守れるような仕組みづくりが求められているように感じます。お元気でおすごしください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発廃止を目指すスイス、電気暖房の「追放」へ/エコノミー・マタン(9月26日) | トップページ | ドイツ環境・原子力安全対策大臣へのインタビュー「原発廃止に向け国内外で連携を強化」「困難、必ず乗り越える」/ルモンド紙(9月21日) »