無料ブログはココログ

« スイスへと向かう再処理済み放射性廃棄物/ラ・コート(10月17日) | トップページ | 太平洋岸で魚介の放射能汚染が悪化 米国研究者が「サイエンス誌」で発表/ルモンド紙(10月26日) »

2012年10月25日 (木)

日本政府、福島の放射線量を過少に測定/ラジオ・カナダ&AFP(10月23日)

環境団体グリーンピースは、日本政府が福島県で実施している放射線量の測定に関し、測定値が過小に報告されていると公表した。グリーンピースはまた、福島原発の周辺地域に住む住民たちが、政府が定める被ばく許容量の上限を13倍も上回る量の放射線にさらされていると指摘した。


● グリーンピースによる詳しい調査結果はこちら
http://www.greenpeace.org/japan/monitoring/13th/ 


今回の発表は、グリーンピースが先週4日間をかけて福島県内で実施した放射線量の測定結果に基づくもの。福島市内の公園および学校の敷地内では毎時3マイクロシーベルトを上回る放射線量が検出された。これに対し、日本政府は被ばく量の上限を毎時0.23マイクロシーベルトと定めている。福島市は昨年事故を起こした福島原発から約50キロの距離に位置している。

「私たちは、日本政府が設置した放射線測定器が周囲の放射線量を一貫して低く検出するように設定されているのを発見しました。」

グリーンピースの放射線防護アドバイザー、リアナ・トゥールは述べる。この専門家によると、日本政府が設置した放射線測定器は金属やコンクリートの覆いで覆われているために、測定値が誤って実際より低く表示されていた。

「これらの放射線測定器は、除染が行われた地域に設置されています。しかし私たちが実施した測定では、これら測定器から少し離れるだけで放射線の数値が大きく跳ね上がりました。」

トゥール氏は「除染作業は深刻なまでに遅れを重ねており、多くの場所が今だ高い放射線量のままで放置されている」と指摘する。

政府が住民の帰還を計画する飯舘村では、政府が定める被ばく量の上限を上回る放射線量が測定された。

「山がちで深い森林に覆われた(福島のような)地域の放射線量が下がり安全になるまでには、少なくとも数年が必要です。」

グリーンピースのメンバーである鈴木かずえは述べる。

「日本政府は原発事故の被災者に誤った希望を与えています。」

(抜粋、一部編集)

●お詫びと訂正●
大変申し訳ありませんが、以下の箇所につきまして後日訳の間違いに気づきましたので、下記のとおり訂正させて頂きました(ユキさん、御指摘をありがとうございました)。つきましては、ブログ記事を転載された皆様におかれましても御訂正を頂けますと幸いです。

(誤)政府が住民の帰還を計画する飯舘村では、政府が定める被ばく量の上限を下回る放射線量が測定された。
(正)政府が住民の帰還を計画する飯舘村では、政府が定める被ばく量の上限を上回る放射線量が測定された。

大変申し訳ありませんでした。どうぞよろしくお願い致します。


●元の記事:「福島:グリーンピース、放射線量の誤りを非難」/ラジオ・カナダ&AFP(10月23日)
http://www.radio-canada.ca/nouvelles/International/2012/10/23/008-greenpeace-fukushima-radiation.shtml

« スイスへと向かう再処理済み放射性廃棄物/ラ・コート(10月17日) | トップページ | 太平洋岸で魚介の放射能汚染が悪化 米国研究者が「サイエンス誌」で発表/ルモンド紙(10月26日) »

コメント

フランスねこさんへ
そもそも日本政府は国民の命よりも国民からの批判を避ける為に原発事故当初から放射能汚染に関して全く積極的な態度では無かったと考えます。
福島原発事故発生で原発事故の近隣からの車両が他の地区へ避難して来るさいにチェリノブイリの様に徐染をせず圏外に移動を許した為に放射能汚染は全国に拡散したのは明らかです。
外国などの軍でも放射能汚染に関して必ず徐染を行うのが常識です。
避難する被災者を責めるのでなく日本政府に対する罪は重大ですね。
今現在でも全く放射能汚染に関しても情報は後々に公表する姿勢ではね。
福島原発事故は何ら終息せず今尚 放射能を放出する中で汚染に晒されながら作業員が作業を続けているのを忘れてはならないと思います。
しかし、この現状をマスコミは政府の統制され 過去の事故かのようにする態度には怒りを覚えます。
また、皇室までも利用して日本国民を総玉砕的な考え方には先の大戦の日本政府の体制と何ら変わりのない組織には情けないやら悲しいやら腹立たしやら怒りの限界を越えています。

奥田さん
コメントをありがとうございました。いろいろな問題の一つ一つについて、きちんと責任を問うてゆくことが必要では、という気がしています。また同じ過ちが起きないように。良い週末をお過ごしください。

こんにちは。
他のブログでフランスねこさんのコピーした方のブログ間違えた訳のままになってます。
訂正する時はやはり間違った事書いたほうがいいと思いました。
まだ他にもコピーした方居ると思います。

http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6702130.html

http://amanakuni.net/fukushima/20121028.html

ユキさん

いつも御指摘をありがとうございます。いろいろと後手に廻ってしまい申し訳ありません。修正のお知らせを掲載するとともに、気づいた方にはお知らせさせて頂きました。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スイスへと向かう再処理済み放射性廃棄物/ラ・コート(10月17日) | トップページ | 太平洋岸で魚介の放射能汚染が悪化 米国研究者が「サイエンス誌」で発表/ルモンド紙(10月26日) »