無料ブログはココログ

« フランス大統領、電力政策転換討論会の委員に原子力推進派を任命―紛糾する公開討論会/レクスパンシオン(11月20日)、ルモンド紙(11月14日) | トップページ | 「低放射線被ばくで深刻な健康被害」仏米科学者が学術誌に発表/サイエンス・デイリー(11月13日) »

2012年11月24日 (土)

「燃やすな、危険」日本の木々に残留する多量のセシウム:筑波大学研究チームが科学誌に発表/フィガロ紙(11月14日)

筑波大学の加藤弘亮(かとう ひろあき)研究員(生命環境科学)らの研究チームは11月10日、福島原発事故から6ヶ月後の時点で、空気中に放出されたセシウム137の60%が針葉樹林を中心とする森林に残留していたとする研究結果を科学誌『地球物理学研究』(Geophysical Research Letters)に発表した。国土全体の70%を森林が占める日本において極めて深刻な発見といえる。

原子力災害による環境への被害に関する調査は、これまで人口が密集する都市圏や農業用地を中心に実施されてきており、森林地帯に関する調査結果が発表されるのは稀なケースだ。

「森林地帯はこれまで原子力災害の被害調査から取り残されてきました。これは間違ったやり方です。」

環境汚染分野の専門家である仏フランシュコンテ大学のピエールマリー・バド教授は指摘する。実際には森林には葉や針状葉があるために地表や丘よりも空気との接合面が大きく、結果として多量の放射性物質を取り込む可能性がある。葉に蓄積したセシウムは数年間の間地表に落ちずに留まり、遅れて爆発する「爆弾」となりうるのだ。

加藤研究員らは福島原発から150キロの距離にある栃木県で調査を実施した。この地域の森林は直接放射性降下物にさらされた汚染が最もひどい地域の森林に比較すると比較的放射線量が低かったが、針葉樹林の樹冠における放射線量についてはチェルノブイリ原発事故当時のフランス・メルカントゥール地方およびヴォージュ地方で記録された汚染レベルに近い高レベルを記録した。セシウム137の半減期は30年である。日本の針葉樹林を構成する杉とヒノキにはほぼ同じレベルのセシウムが蓄積されていた。バド教授によると、針葉樹の葉の形状(細かさ)によって放射性物質とともに葉に付着するホコリの量が決まると言う。

森林に付着した放射性物質は、時間と共に地表を汚染すると見られている。加藤研究員らの研究チームは、汚染された森林で伐採された木材の使用を監視し、暖房用に木材を焼却する事を禁止すべきであると提言している。汚染された木材を焼却すれば、放射性物質が凝縮した灰が発生するからだ。森林内の散歩やキノコ類・液果類(みかん、トマト、ぶどう等)の摂取、野生動物の摂取が健康に及ぼす被害についても検証が必要だ。バド教授によれば、数年後、地表から25〜30センチの深さまでしみ込んだ放射性物質は、再び樹木に取り込まれる。それが正に、チェルノブイリ原発事故でまき散らされた放射性降下物によって現在ヨーロッパで起きていることなのである。

(抜粋、一部編集)

<修正のお知らせ>
当初「ヒマラヤ杉と糸杉」と記載していた箇所につきまして、その後フランスには無い日本の植物に仏語をあてはめていたことが分かりましたので、再度調べ直し「杉とヒノキ」と修正させて頂きました。コンタンさん、御指摘ありがとうございました。(11月27日)

●元の記事:「福島:汚染された日本の樹冠」/フィガロ紙(11月14日)
(Yves Miserey, « Fukushima : contamination de la cime des forêts japonaises », Le Figaro. 2012.11.14)
http://www.lefigaro.fr/environnement/2012/11/14/01029-20121114ARTFIG00566-fukushima-contamination-de-la-cime-des-forets-japonaises.php

« フランス大統領、電力政策転換討論会の委員に原子力推進派を任命―紛糾する公開討論会/レクスパンシオン(11月20日)、ルモンド紙(11月14日) | トップページ | 「低放射線被ばくで深刻な健康被害」仏米科学者が学術誌に発表/サイエンス・デイリー(11月13日) »

コメント

日本政府=Nazi
のような国家権力を持って司法.立法.行政.を牛耳られた政治体制にマスコミまでも統制され 真実を歪曲し人々に原発事故問題が無かったかのように洗脳し続けているのには国家には危険性を感じます。 福島に於いても子供達が内部被爆を受け続けながら生活をしているのに関わらず検査結果を隠蔽し内部被爆を軽症かのようにするとは 恐怖政治ではと怒りを持っております。
福島原発事故現場からは事故発生から未だに大量の放射能が放出されているのに日本政府も東電も公表せず、財界と一部政党と金の繋がりで原発容認の態度とは日本国憲法の人々の生きる権利を守らず奪うとは…… 過去から現在の原発問題等々を振り返って見ると日本国の政府の政治は国民を奴隷とでも考えてるのかと思います。

奥田さん

コメントをありがとうございました。
確かに大手メディアでは多くの情報が報道されていないようですね。
寒さが厳しくなっております。どうかお体には十分気をつけてお過ごしください。

いつも興味深く拝読しています。

ちょっと気になったのですが、
「日本の針葉樹林を構成するヒマラヤ杉と糸杉」 ってほんとうに書いているんでしょうか?
それだと事実と異なりますので、訳語の検討が必要では。

コンタンさん

御指摘を頂きありがとうございました。当初は記事の記載をそのまま直訳してしまっていたのですが、御指摘を受けて再度調べ直してみましたところ、日本の杉とヒノキに該当するようです。これを受け、本文の訳語も修正させて頂きました。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス大統領、電力政策転換討論会の委員に原子力推進派を任命―紛糾する公開討論会/レクスパンシオン(11月20日)、ルモンド紙(11月14日) | トップページ | 「低放射線被ばくで深刻な健康被害」仏米科学者が学術誌に発表/サイエンス・デイリー(11月13日) »