無料ブログはココログ

« 廃炉年限の「米国並み」延長を目指すフランス電力公社/ブルシエー(1月10日) | トップページ | 2月上旬までお休みを頂きます »

2013年1月18日 (金)

やさしい地球の守り方:「ディーゼル燃料の使用削減は温暖化防止の即効薬」国際専門機関が科学誌に発表/ルモンド紙(1月17日)

この数か月間、ディーゼル車の使用反対を訴える議論に科学的な根拠を与えて来たのは、ディーゼル車を「発がん性微粒子のばらまき装置」と指摘した公衆衛生の専門家たちだった。しかし今や、気候学者たちも黙ってはいない。1月15日付で『大気に関する地理物理学研究ジャーナル』(Journal of Geophysical Research: Atmospheres)に掲載された米国イリノイ大学ウラバナ・シャンペン校のタミ・ボンド教授らによる大規模調査の結果によると、ディーゼル燃料の使用や木材の焼却により発生する「すす」(煤、不完全燃焼により発生する炭化した黒色粒子)は、地球温暖化にこれまでの想定の2倍にのぼる悪影響を与えている。

<空を汚す「すす」の様子>(ルモンド紙より)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/01/16/les-particules-du-diesel-et-des-feux-de-bois-2e-facteur-du-rechauffement_1817853_3244.html

ボンド教授が率いる約20名の国際的専門家チーム「気候変動に関する政府間合同国際専門家グループ」(GIEC)は、「すす」を二酸化炭素に次ぐ第二の地球温暖化要因であると指摘した。

しかしなぜディーゼルが関係するのだろうか?

研究者らは「ディーゼル車の使用削減は、地球温暖化を引き起こす黒色粒子を駆逐するのに、短期的には最もシンプルかつ効率的な方法」であると主張している。

木材の焼却もまた、「すす」発生の原因となっている。世界的に酷暑や旱魃が増加する中で山火事を無くす事は難しい。しかしかまどや家屋の暖房への木材使用といった人的な焼却をディーゼル燃料の使用削減に加えて減らすことができれば、温暖化の防止に素早く目に見える効果が現れるという。

「すす」は温暖化ガスの効果を高める雲を発生させ地球の温度を上げる。また、風に乗って北極圏まで運ばれ白い雪や氷を汚すことで、氷河が熱を吸収しやすくさせ、高緯度地域における放射平衡に変化を生じさせて大気を温める。

今回の調査結果は今年9月に出版されるGIECの報告書に掲載される予定。また、地球の温暖化防止に向けた緊急対策への活用や新たな気候変動モデルづくりに活用されることが見込まれている。

●元の記事:「地球温暖化の第二の原因:ディーゼル燃料による粒子と木材の燃焼」ルモンド紙(1月17日)
(S. Fo, « Les particules du diesel et des feux de bois, deuxième facteur du réchauffement », Le Monde, 2013.91.17)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/01/16/les-particules-du-diesel-et-des-feux-de-bois-2e-facteur-du-rechauffement_1817853_3244.html

« 廃炉年限の「米国並み」延長を目指すフランス電力公社/ブルシエー(1月10日) | トップページ | 2月上旬までお休みを頂きます »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 廃炉年限の「米国並み」延長を目指すフランス電力公社/ブルシエー(1月10日) | トップページ | 2月上旬までお休みを頂きます »