無料ブログはココログ

« 被害総額53兆円、原発難民10万人―仏政府機関、「第二のフクシマ」による想定被害の全容を発表/ルモンド紙(2月10日) | トップページ | チェルノブイリの石棺、雪で倒壊―80名が避難、放射性物質拡散の危機再び/ルモンド紙(2月15日) »

2013年2月13日 (水)

仏会計検査院、電力会社社員への過剰待遇に苦言/ルモンド紙(2月11日)

「フランス電力公社(EDF)は社員に過剰な給与を支払っている。」フランス会計検査院は2月12日に公表される年報において、フランス最大の電力会社であるフランス電力公社の社員給与の伸び率が一般企業の平均を上回っているとして、過剰待遇を指摘した。2005年から2010年にかけての同社の社員給与は年3%から4%に増加、一般企業平均の年2.6%を上回った他、一般企業の平均を下回る郵便公社や国鉄などの国営企業における待遇と比較すると更に高い数字となった。また、2005年から2010年の5年間にフランス電力公社における代表取締役の給与は倍以上の増加となっている。

仏会計検査院は又、電力及びガス関連企業で働く関係者が通常料金の1割でサービスを利用していることに関し、こうした割引制度が消費者の支払う電気料金やガス料金によってまかなわれている問題を指摘した他、フランス電力公社の子会社であるフランス配電網公社(ERDF、欧州最大の配電網を所有)と地方自治体の癒着についても指摘を行った。

(抜粋、要約)

●元の記事:「会計検査院、『フランス電力公社は社員に甘すぎ』と指摘」/ルモンド紙(2月11日)
(« La Cours des comptes juge EDF trop généreux avec ses salariés », Le Monde, 2013.02.13)
http://www.lemonde.fr/economie/article/2013/02/11/la-cour-des-comptes-juge-edf-trop-genereux-avec-ses-salaries_1829593_3234.html

« 被害総額53兆円、原発難民10万人―仏政府機関、「第二のフクシマ」による想定被害の全容を発表/ルモンド紙(2月10日) | トップページ | チェルノブイリの石棺、雪で倒壊―80名が避難、放射性物質拡散の危機再び/ルモンド紙(2月15日) »

コメント

フランスねこさんへ
いつも ありがとうございます。
今の日本は民主主義の国と言う妄想を描いた虚像の日本政府

民主主義として機能不全の日本政府に於いては国民の生命を守る権利さえも奪う政府の体制下では国の統治が出来ずに正直 他国であれば内乱が起きてもおかしくなく非常に危険な状況下ではと思っています。

原発問題に関して岐阜県にて福島原発事故が解明 解決しない中で核融合の実験の計画を進めているとは日本政府が狂乱しているのかと危惧します。

国家予算を見てもエネルギー問題、電力業界再編問題、原発問題 放射能汚染問題 財政破綻問題 領海領土関連問題 総てに於いて残念ながら一部の経済界に片寄りすぎた日本政府は もはや機能不全に陥っていると思います。
こんな破廉恥な日本政府の国の日本で何も出来ずに苦しみ亡くなるとは悔やんでも悔やみきれない怨念を持って鬼籍に入るには悔しい思いです。

奥田さん

コメントをありがとうございました。もうすぐあの事故から早2年が過ぎようとしていることに改めて驚きを覚えます。多くの人々の苦しみや悲しみを忘れずに前に進んで行ければと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 被害総額53兆円、原発難民10万人―仏政府機関、「第二のフクシマ」による想定被害の全容を発表/ルモンド紙(2月10日) | トップページ | チェルノブイリの石棺、雪で倒壊―80名が避難、放射性物質拡散の危機再び/ルモンド紙(2月15日) »