無料ブログはココログ

« 日本の報道の自由度、福島事故情報の隠蔽で世界22位から53位へ転落/ジャパン・タイムス(2月10日) | トップページ | 「ただちに健康への危険はありません」:米ハンフォード原子力施設から漏れ出す4万リットルの高度放射能汚染水と沈黙を守る米国メディア/ルモンド紙(2月27日) »

2013年2月26日 (火)

「福島の死の灰:事故被害者に代償を押し付け、人々を苦しめ続ける原子力企業」グリーンピースが専門家による報告書をリリース/グリーンピース(2月15日)

環境団体グリーンピースは2月15日(和訳は19日)、福島原発事故から2周年を迎えるのを前に、「福島の死の灰:人々に代償を押し付け苦しみをもたらす原子力企業」(日本語版「福島原発事故 空白の責任」)と題した調査報告書(英文)を発表、原子力企業が原発事故の被害者に対し十分な補償を行わない一方で、事故の責任を問われることなく除染を初めとする復興支援事業で収益を得ていると指摘した。

●日本語版の報告書の詳細はこちら(グリーンピースのHPから)
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/2013/pr20130219/ 

「60年前、原子力の歴史が始まったその時から、原子力産業は自らが引き起こした失敗の代償を全面的に支払わなくても良いように守られてきた。各国の政府は原子力企業の利益を守り、原発事故の被害者が最終的に自ら事故の代償を支払わざるを得ないシステムを作り上げたのである。」(英文報告書の冒頭から)

●グリーンピース報告書(英語版)はこちらです。
http://www.greenpeace.org/international/fukushima-fallout/

« 日本の報道の自由度、福島事故情報の隠蔽で世界22位から53位へ転落/ジャパン・タイムス(2月10日) | トップページ | 「ただちに健康への危険はありません」:米ハンフォード原子力施設から漏れ出す4万リットルの高度放射能汚染水と沈黙を守る米国メディア/ルモンド紙(2月27日) »

コメント

フランスねこさんへ

原発推進の石原派の平沼が 原発が地上にあるから危険な為に地下に原発の建設を推進する会を作り あくまでも日本を原発で汚染させようとしております。 しかし お粗末な発想で原発を作ったとしても発生する放射能汚染の廃棄物処理問題の事を考えないとは 日本列島を放射能の廃棄場所にしてしまうのかと 恐ろしい思いです、
日本を脱出できる人々が羨ましいです。

日本政府は既にまともな論理的、常識的な思考能力が働かないのでしょう。

奥田さん

コメントをありがとうございました。
おっしゃるとおり、地下であっても危険には変わりないように思います。北朝鮮では政治犯が原発の現場作業を強制されているとの記事を今週目にしました。誰かが犠牲にならなければ成り立たない、そんなシステムなのだと思います。

フランスねこさんへ

先日、福島原発事故現場の資材置き場にて作業されていた方が倒れ亡くなられましたが また昨日は川内村で徐染作業されていた方が亡くなられたようです。合掌
一体 原発事故に関係した方が何人 亡くなられたのでしょうか、まだ これからは何らかの理由をつけられて亡くなられる方が増えるのではと危惧しています。
また、WHOからは福島原発事故による放射能汚染での健康被害に言及されているのを無視する日本政府の姿勢を見ていると日本の先々に危うさを感じます。
日本政府=Naziに思えるのは私だけでしょうか……

奥田さん

御連絡ありがとうございました。
WHOの報告書は事実を伝えていないとの批判が国際的にも高まっているとの指摘が昨日のルモンド紙に掲載されていました。そんな報告書に対してですら何ら対応が無いという状況に違和感を覚えざるを得ません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の報道の自由度、福島事故情報の隠蔽で世界22位から53位へ転落/ジャパン・タイムス(2月10日) | トップページ | 「ただちに健康への危険はありません」:米ハンフォード原子力施設から漏れ出す4万リットルの高度放射能汚染水と沈黙を守る米国メディア/ルモンド紙(2月27日) »