無料ブログはココログ

« チェルノブイリの石棺、雪で倒壊―80名が避難、放射性物質拡散の危機再び/ルモンド紙(2月15日) | トップページ | 「フクシマ記念日」:人間の鎖はアリエージュの町をぬけて »

2013年2月19日 (火)

訓練中の英軍用原子力潜水艦で放射能漏れースコットランド沖より緊急帰港/デイリー・エクスプレス(2月17日)

2月7日、新入海軍兵士への訓練を行っていた英国王立軍所有の原子力潜水艦「HMS疲れ知らず」(HMS Tireless、4800トン。稼働歴30年)の冷却系統で深刻な放射能漏れが発生した。10日後の2月17日に英国内の各メディアが報じた。

この日事故の発生を感知した英国軍は「HMS疲れ知らず」号に対しファスレーン海軍基地への帰港を指示、同潜水艦は緊急帰港を行った。「HMS疲れ知らず」は現在所属港であるデュポン港に戻っており、今後10ヶ月にわたる修理作業が行われる予定。

英国王立軍は放射能漏れ事故が起きた正確な場所を「スコットランド沖」という以外は公表しておらず、スコットランド関係者を中心に安全対策への懸念が高まっている。今回の事故はスコットランド独立に関する議論にも油を注いでいる。

「HMS疲れ知らず」号は1984年より稼働、当初は今年運用を停止する予定となっていたが、後続潜水艦の製造に遅れが生じたために4年間の稼働延長が認められた。「HMS疲れ知らず」号は2000年にも原子炉の冷却系統における放射能漏れ事故を起こし、1年間運用が見送られた経緯がある。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「走行中の英国原子力潜水艦で放射能漏れ」/デイリー・エクスプレス(2月17日)
("Radiation leak on nuclear sub off Scots coast", Daily Express, 2013.02.17)

« チェルノブイリの石棺、雪で倒壊―80名が避難、放射性物質拡散の危機再び/ルモンド紙(2月15日) | トップページ | 「フクシマ記念日」:人間の鎖はアリエージュの町をぬけて »

コメント

フランスねこさんへ

イギリスだけでなく 日本海に於いても旧ソビエト連邦時代に原子力潜水艦が沈没した事故がありましたのを思い出しましたね。
原発事故は公にされますが 軍関係は何かと機密扱いにされるだけに……
日本海の事故に関して日本政府は何故 放射能汚染を公開しないのか未だに疑念を持っております。

奥田さん

コメントをありがとうございます。
仰るとおり、原子力潜水艦は様々な面で脆弱かつ危険だと思います。そう言えば旧ソ連の原子力潜水艦による事故もありましたね。ソマリア沖に各国が捨てた核廃棄物による汚染のためにソマリアの漁民たちの一部は海賊にならざるを得なかったとも指摘されています。私たち一人一人の生活のためにも、海をこれ以上汚さないでほしいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チェルノブイリの石棺、雪で倒壊―80名が避難、放射性物質拡散の危機再び/ルモンド紙(2月15日) | トップページ | 「フクシマ記念日」:人間の鎖はアリエージュの町をぬけて »