無料ブログはココログ

« オバマ政権、プルトニウムの再処理予算を大幅カット―再処理工場は閉鎖の可能性/BBC Global News(4月6日) | トップページ | 米国原子力規制委員会・前委員長『米国内の原発は全て修理不可能な欠陥品』/ニューヨーク・タイムズ(4月8日) »

2013年4月10日 (水)

2.9億ベクレル/リットル、1000以上の放射性核種―福島原発の貯水槽から漏れ続ける高度放射性汚染水/ルモンド紙(4月10日)

福島原発にある2カ所の地下貯水槽から計170トン近い放射性汚染水が漏れ出したとの発表に続き、東電は遂に放射性汚染水の貯蔵場所が不足していることを認めた。しかし同社は、破壊された原子炉と何千本もの核燃料を保管する冷却プールを冷却し続けながら高度放射性汚染水漏れへの対処にあたらなければならない。冷却措置により毎日400トンもの高度汚染水が生み出され続けている。

既に漏れ出した汚染水には一リットル当たり2.9億ベクレル、1000種以上もの放射性核種が含まれていたと推定されている。福島県は東電に対し、地下水の汚染を引き起こす恐れがある地下貯水槽の使用をやめるよう申し入れを行った。しかし地下貯水槽の使用をやめれば多数の貯水槽が必要となる。

東電の頼みの綱は汚染水の浄化装置だ。これまで使用してきた東芝・アレバ社製の浄水装置では放射性セシウムの量しか減らすことができなかった。しかし東芝社製の新しい装置では62の放射性核種の量を減らすことができると見られている。水を「浄化」することで、東電は日本政府から汚染水を海へ放出するための許可が得られることを期待している。

(抜粋、一部編集)

●元の記事「福島原発から出る汚染水の貯蔵、ますます解決困難に」/ルモンド紙(4月10日)
(« Le stockage de l’eau contaminée de Fukushima de plus en plus problématique », Le Monde, 2013.04.10)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/04/09/le-stockage-de-l-eau-contaminee-de-fukushima-de-plus-en-plus-problematique_3156527_3244.html

« オバマ政権、プルトニウムの再処理予算を大幅カット―再処理工場は閉鎖の可能性/BBC Global News(4月6日) | トップページ | 米国原子力規制委員会・前委員長『米国内の原発は全て修理不可能な欠陥品』/ニューヨーク・タイムズ(4月8日) »

コメント

フランス猫さん、いつもありがとうございます。
転載させていただきました。
http://www51.atwiki.jp/omotochikatatsuya/pages/424.html
よろしくお願いします。

フランスねこさんへ

東電に日本政府から遺憾 何とかしろと 高飛車に苦言を言っていますが あきれ果てます。

日本政府が東電の福島原発事故現場に乗り込んで 政府が自らが陣頭指揮を執って廃炉に向けて力を注ぐべき問題です。

福島原発事故現場に働く方々も思っておられるでしょう。

東電や下請けを整理して実際に働いている方々が 安心に安全に働ける環境を整えると同時に場当たりな作業でなく 先々を見据えた工程を作成した計画性に進める事を早急にして欲しいと思います。

淡路地震のように また いつ起きるとも判らない地震の事を考えれば 政府が乗り出すべきと考えます。

フランスねこさんへ

東電よりも日本政府の怠慢には呆れて 言う言葉を失いました。
即刻 霞が関の官僚と各政党の政治家に退任して頂きたいと思います。

大本さん
こちらこそ、掲載頂きありがとうございます。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。

奥田さん
コメントをありがとうございました。汚染水の問題をはじめ、山積みになっている原発事故現場での問題収拾に向け、より責任ある対応をのぞみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オバマ政権、プルトニウムの再処理予算を大幅カット―再処理工場は閉鎖の可能性/BBC Global News(4月6日) | トップページ | 米国原子力規制委員会・前委員長『米国内の原発は全て修理不可能な欠陥品』/ニューヨーク・タイムズ(4月8日) »