無料ブログはココログ

« 巨大ウラン企業から手を引くイギリス、日本の原発再稼働とウラン売り上げ増を望むアレバ社/ルモンド紙(4月24日) | トップページ | 高度放射性廃棄物の行くえ:数千年の放射能汚染、4ヶ月間の討論会/ルモンド紙(4月25日) »

2013年4月28日 (日)

「安全のため、原子力は減らすべき」仏・放射線防御原子力安全研究所(IRSN)所長 /ルモンド紙(4月24日)

「フランスは原子力を使い過ぎている。(原子力を使用すればその分だけ原発は疲弊し安全性は低下する。)原発の安全性を確保するためには、オランド大統領が目指す原子力の使用削減は適切な判断だ。」

フランス原子力安全放射線防御研究所のジャック・ルプュサール所長は4月22日、このような公式見解を発表した。ロイター通信が伝えた。

ルプュサール所長は次のようにも指摘した。

「いつの日か、鉄製の原子炉圧力容器(注:炉心を覆う容器。冷却材を流通させ、放射性物質の漏出を遮蔽する)にヒビ割れが生じる日がやって来ます。そうしたら私たちは、『さあもうこの原子炉は寿命だ』と言わなければなりません。そして、一つの圧力容器にヒビ割れが見つかったとしたら、それは同時期に作られた全ての原子炉に同じことが起きているという意味なのです。」

原子力を使用すれば原発は疲弊する。そして安全性が損なわれる。同氏の見解では、フランスは原子力への依存を減らすべきなのである。

(抜粋、一部編集)

⚫元の記事:「フランスは原子力に頼りすぎ」放射線防御原子力安全研究所/ルモンド紙(4月24日)
(« L’Hexagone dépend trop du nucléaire, selon l’IRSN », Le Monde, 2013.4.28)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/04/24/des-millenaires-de-dechets-radioactifs-quatre-mois-de-debat-public-en-france_3165322_3244.html

« 巨大ウラン企業から手を引くイギリス、日本の原発再稼働とウラン売り上げ増を望むアレバ社/ルモンド紙(4月24日) | トップページ | 高度放射性廃棄物の行くえ:数千年の放射能汚染、4ヶ月間の討論会/ルモンド紙(4月25日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 巨大ウラン企業から手を引くイギリス、日本の原発再稼働とウラン売り上げ増を望むアレバ社/ルモンド紙(4月24日) | トップページ | 高度放射性廃棄物の行くえ:数千年の放射能汚染、4ヶ月間の討論会/ルモンド紙(4月25日) »