無料ブログはココログ

« 米国原子力規制委員会・前委員長『米国内の原発は全て修理不可能な欠陥品』/ニューヨーク・タイムズ(4月8日) | トップページ | フランスで年830件以上の原発事故・故障ー仏原子力安全規制庁/フィガロ紙(4月16日) »

2013年4月16日 (火)

「極秘命令」:秘密裏にフクシマ後初のMOX燃料輸送に踏み切る日本政府―米英仏軍を動員/ルモンド紙(4月15日)

「福島の村々で人々が必死になって除染を行っているこの時に、MOX燃料の搬入などもってのほかです。」
(環境団体グリーンピース)

米・英・フランス軍による厳格な警備体制の中、最大級の秘密に囲まれながら、アレバ社は福島原発事故後初めて日本への MOX燃料搬出に踏み切ろうとしている(注1)。700キロのプルトニウムを含む10トンの MOX燃料は、ボモン−アーグにあるアレバの工場を出てシェルブール港経由で日本へ運ばれる(注2)。シェルブール港からは英国特別軍の兵士30名が4基の大砲をたずさえ警護を行う。

●アレバ社から運び出されたMOX燃料(画像)/ルモンド紙
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/04/15/depart-imminent-et-controverse-de-plutonium-de-la-hague-pour-le-japon_3159919_3244.html

MOX燃料はプルトニウムとウランから成り、通常の使用済み燃料の8倍の放射線量を発する有毒物質。環境団体グリーンピースによればプルトニウムの塵を一つ吸い込んだだけで6ヶ月のうちに気管支肺炎性の癌を発生させるのに十分であり、約15キロのプルトニウムで原子爆弾一個を作ることが可能だ。

グリーンピースの他、NGO「ロビンフッド」、脱原発ネットワーク、ヨーロッパ緑の党は輸送中止を求める公式要請を行った。関係者らは4月15日午後6時、シェルブールで抗議集会を行う予定。

(抜粋、一部編集)

(注1)今回輸送されるMOX燃料は福井県にある高浜原発第3号機で使用される予定。

(注2)MOX燃料受け入れ先の関西電力の発表によると輸送期間は約2ヶ月。

【御詫びと訂正】いつも御愛読頂きありがとうございます。当初「輸送」を誤って「輸入」と訳していたため訂正致しました。申し訳有りませんでした。(4月17日)

●元の記事「シェルブールから日本へ―間近に迫るプルトニウムの船出」/ルモンド紙(4月15日)
( « Départ imminent de plutonium de Cherbourg pour le Japon », Le Monde, 2013.04.15)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/04/15/depart-imminent-et-controverse-de-plutonium-de-la-hague-pour-le-japon_3159919_3244.html

« 米国原子力規制委員会・前委員長『米国内の原発は全て修理不可能な欠陥品』/ニューヨーク・タイムズ(4月8日) | トップページ | フランスで年830件以上の原発事故・故障ー仏原子力安全規制庁/フィガロ紙(4月16日) »

コメント

グリンピースの声明も?です。除染は無駄だから避難させろと何故言わない?

在尾張さん

コメントをありがとうございました。短い新聞記事からの抜粋を編集したものですので、主旨が十分に伝わっていなかった部分があるかもしれません。環境団体グリーンピースは過去に発表した声明や報告書の中で福島での低線量被曝の恐れを指摘し安全な場所への避難の必要性を明確に指摘しています。

<御参考>グリーンピースがHPに掲載した避難関連記事
http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/protect/children/

この記事で取り上げられている発言は、福島原発事故がまだ収束していないにもかかわらずMOX燃料を国内に搬入しようとしている日本への疑問と解釈できるのではないでしょうか。
引き続き、お気づきの点がありましたら御指摘頂ければと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

阿修羅見て来ました。気管枝じゃなくて正しくは気管支ですよ。

もややさん

御指摘ありがとうございました。さっそく修正させて頂きました。
引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国原子力規制委員会・前委員長『米国内の原発は全て修理不可能な欠陥品』/ニューヨーク・タイムズ(4月8日) | トップページ | フランスで年830件以上の原発事故・故障ー仏原子力安全規制庁/フィガロ紙(4月16日) »