無料ブログはココログ

« 誰が原発の医師を殺すのか?フランス電力公社、労災認定を理由に原発駐在医3名を起訴/Rue89(5月6日) | トップページ | 時給837円未満、数日間の被曝量計100ミリシーベルト―劣化し続ける福島原発の労働環境と静観する日本政府・東電/ルモンド紙(5月21日) »

2013年5月20日 (月)

フランス電力公社、廃炉で出た放射性瓦礫を採石場に廃棄―裁判所、1万ユーロの罰金命令/Lyon Mag (5月16日)

フランス第2の都市リヨン(注1)から35キロの距離にあるビュジェー原発第一号機の廃炉作業で発生した放射性瓦礫が誤って一般の採石場に持ち込まれた問題で、アン県のグルゴンブレス裁判所は5月15日、フランス電力公社に対し1万ユーロ(約130万円)の罰金刑を、ビュジェー原発所長には執行猶予付きの罰金刑をそれぞれ言い渡した。ビュジェー原発から出た放射性瓦礫は、運送用トラックで採石場に運び込まれていた。最終判決は9月11日に言い渡される予定。

●元の記事:「ビュジェーの放射性瓦礫:裁判所は1万ユーロと罰金刑を求刑」
(« Gravats radioactifs du Bugey : 10 000 euros et des contraventions requises », Lyon Mag, 2013.05.16)
http://www.lyonmag.com/article/53340/gravats-radioactifs-du-bugey-10-000-euros-et-des-contraventions-requis

(注1) リヨン市は人口165万人を抱えるフランス第二の都市。食通の町としても知られる。

●リヨン市の様子(画像です)
 http://www.google.co.jp/search?q=lyon+photos&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=OqWZUeCkD8bxkAXPy4DIAg&ved=0CC0QsAQ&biw=1680&bih=868#tbm=isch&sa=1&q=lyon&oq=lyon&gs_l=img.1.0.0l9j0i4.5537.6723.0.8579.7.5.0.0.0.2.281.1107.0j1j4.5.0...0.0...1c.1.14.img.TgIuOOWL7y4&bav=on.2,or.r_qf.&bvm=bv.46751780,d.dGI&fp=5d61553fb632fede&biw=1680&bih=868

(注2) ビュジェー原発の様子(画像です)
http://www.google.co.jp/search?q=centrale+nucleaire+bugey&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=0KWZUYHpK8eQkQWSk4CgCg&ved=0CEcQsAQ&biw=1680&bih=868#tbm=isch&q=centrale+nucl%C3%A9aire+bugey&spell=1&sa=X&ei=36WZUYnaGse5lAWQg4DwCQ&ved=0CFAQBSgA&bav=on.2,or.r_qf.&bvm=bv.46751780,d.dGI&fp=5d61553fb632fede&biw=1680&bih=868

« 誰が原発の医師を殺すのか?フランス電力公社、労災認定を理由に原発駐在医3名を起訴/Rue89(5月6日) | トップページ | 時給837円未満、数日間の被曝量計100ミリシーベルト―劣化し続ける福島原発の労働環境と静観する日本政府・東電/ルモンド紙(5月21日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰が原発の医師を殺すのか?フランス電力公社、労災認定を理由に原発駐在医3名を起訴/Rue89(5月6日) | トップページ | 時給837円未満、数日間の被曝量計100ミリシーベルト―劣化し続ける福島原発の労働環境と静観する日本政府・東電/ルモンド紙(5月21日) »