無料ブログはココログ

« チェルノブイリの放射性雲と仏コルシカ島での甲状腺疾患・急増―独立調査の結果を拒否するフランス保健大臣に、高まる批判の声/Enerzine(7月27日) | トップページ | 「サヨナラ核兵器、サヨナラ原発」―8月6日から9日まで、パリ・エッフェル塔前で50人の市民が抗議のハンスト/テレビ「フランス3」(8月6日) »

2013年8月 3日 (土)

高濃度汚染水流出問題:「東電はやっていることの深刻さが分かっていない」元米国原子力規制委員長と英原子力公社会長、東電を強く非難/エッセンシャル・オンライン(ルクセンブルク)& AFP(7月26日)

「東電、あなた方は日本国民に状況を知らせていなかったようですね。」
「これは非常にお粗末なコミュニケーションだ。」
「あなた方は自分が何をしているのか分かっていない」
「こんな風に放射性汚染水に対応するなんて、東電内の意思決定プロセスは欠如している。」

東京電力が福島原発から大量の汚染水が漏れ出ていることを公表していなかった問題で、東電の改革を監視する第三者委員会である「原子力改革監視委員会」の委員をつとめる元米国原子力規制委員会の委員長デール・クライン氏は東電幹部らをこのように強く非難する発言を行った。

同じく委員をつとめるバーバラ・ジャッジ英国原子力公社会長も

「東電の汚染水問題に関する対外公表はお粗末で遅かった」

と指摘した。

(抜粋、一部編集)

●元の記事「東電、あなた方は自分が何をしているのか分かっていない」/エッセンシャル・オンライン(ルクセンブルク)& AFP(7月26日)

(« Vous ne savez pas ce que vous faites », L'essentiel On Line - Luxembourg -, 2013.08.02) http://www.lessentiel.lu/fr/news/monde/story/10656451

« チェルノブイリの放射性雲と仏コルシカ島での甲状腺疾患・急増―独立調査の結果を拒否するフランス保健大臣に、高まる批判の声/Enerzine(7月27日) | トップページ | 「サヨナラ核兵器、サヨナラ原発」―8月6日から9日まで、パリ・エッフェル塔前で50人の市民が抗議のハンスト/テレビ「フランス3」(8月6日) »

コメント

フランス猫さん、いつもありがとうございます。
さて、以下に記事を転載させていただきました。
http://www51.atwiki.jp/omotochikatatsuya/pages/424.html
やはり放射能は海に流出していましたね。
そして、その事実を知りながら、放置し続けてきた東電・・・
事故当事者が、自ら事故を収束させていることの矛盾が出た典型的なケースでしょう。

大本さん

御連絡ありがとうございます。また、所用にてお返事が遅くなり大変申し訳ありませんでした。海や大地の汚染についてこれからどのような対処が可能なのか、心配が尽きません。暑さの折、十分御自愛ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チェルノブイリの放射性雲と仏コルシカ島での甲状腺疾患・急増―独立調査の結果を拒否するフランス保健大臣に、高まる批判の声/Enerzine(7月27日) | トップページ | 「サヨナラ核兵器、サヨナラ原発」―8月6日から9日まで、パリ・エッフェル塔前で50人の市民が抗議のハンスト/テレビ「フランス3」(8月6日) »