無料ブログはココログ

« 福島を忘れたい日本、オリンピック開催へ/ルモンド紙(9月10日) | トップページ | 「福島を忘れよ」 オリンピックという名の享楽の目くらまし(2)/エネルジン(9月10日) »

2013年9月13日 (金)

「福島を忘れよ」 オリンピックという名の享楽の目くらまし(1)/エネルジン(9月10日)

日本政府は国民を「歓喜する群衆」の世界へと引きずり込み、目の前にある福島の大惨事から目をそらさせるために、国際オリンピック委員会を誘惑することに決めた。

日本政府のこのような態度は、ヨーロッパ緑の党のミシェル・リヴァシ議員を怒り心頭にさせる。リヴァシ議員によれば、こうした政治家の手口は古代ローマの時代から変わっていない。

「古代ローマ帝国では、世論の目を重要問題から目をそらすためにサーカスを催しました。娯楽イベントを、多くの民衆の目を欺く武器に用いたのです。」

リヴァシ議員は更に次のように指摘する。

「先週、日本政府と東電は私たちが目を疑うような魅惑の『ベリーダンス』を踊り始めました。東電が毎日300トンもの高濃度汚染水の流出を放置しているという驚愕の事実―安倍首相はこの状況を指して『福島原発の状況はコントロールされている』と述べました―を対外的に認める一方で、日本政府は汚染水を阻止するための堰の建設に470億円を拠出することを決めたのです。同時に日本政府はオリンピック委員会に対し『原発事故の危険は制圧された』との説得攻勢に出ました。

これらは日本政府関係者が言うように単なる『偶然のめぐり合わせ』なのでしょうか。このような隠ぺい工作を目の前にして不快な気持ちにならない人がいるでしょうか。誰もいないでしょう。なぜなら私たちは皆、日本人がいかなる代償を払おうとも、品位と礼節を持ってこの危機を脱することを望んでいるからです。」

※(2)に続きます。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「福島を忘れよ:目くらましのための娯楽イベント」/エネルジン(9月10日)

(« Oubliez Fukushima : place au divertissement pour faire diversion », Enerzine, 2013.09.10)
http://www.enerzine.com/2/16214+oubliez-fukushima---place-au-divertissement-pour-faire-diversion+.html?posts_usersPage=1

« 福島を忘れたい日本、オリンピック開催へ/ルモンド紙(9月10日) | トップページ | 「福島を忘れよ」 オリンピックという名の享楽の目くらまし(2)/エネルジン(9月10日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島を忘れたい日本、オリンピック開催へ/ルモンド紙(9月10日) | トップページ | 「福島を忘れよ」 オリンピックという名の享楽の目くらまし(2)/エネルジン(9月10日) »