無料ブログはココログ

« 原発作業員の鬱病・労災認定は「医師の職業倫理への違反」? 電力会社の主張に各界より高まる批判/レクスプレス(12月18日) | トップページ | 「福島、失われた故郷:汚染された土地への不可能な帰還」ルモンド紙/12月20日 »

2013年12月27日 (金)

放射性廃棄物を積んだ貨物列車、パリ近郊で脱線/ルモンド紙(12月24日)

12月23日の午後、原子力施設から出された使用済み核燃料を載せた貨物列車がパリの空港から10キロ以内の地点にあるドランシー駅で脱線した。放射能漏れは確認されていない。

問題の貨物列車はラ・アーグにあるアレバ社の廃棄物処理工場へ向かう途中、列車の車軸が外れ脱線。事故の発表後、ドランシー市庁の電話は事故と安全状況に関する情報を全く知らされていないとしてパニックに陥った近隣住民からの電話が殺到。ドランシー市は人々の命を危険にさらしたとして国に対する訴訟を起こすことを決定した。同様の脱線事故は12月11日にも発生している。

ドランシー市のジャン・クリストフ・ラガルド市長は、

「(今回のような形で)深刻な事故が起きれば、1万3千人の市民の命が死の危険にさらされるのです。」

と懸念を表明した。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「放射性廃棄物を積んだ貨物列車、ドランシーにて脱線。放射能漏れの報告無し」/ルモンド紙(12月24日)
(« Un wagon de déchets nucléaires a déraillé à Drancy, sans fuite radioactive », Le Monde, 2013.12.24)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/12/24/un-wagon-de-dechets-nucleaires-a-deraille-a-drancy-sans-fuite-radioactive_4339380_3244.html

« 原発作業員の鬱病・労災認定は「医師の職業倫理への違反」? 電力会社の主張に各界より高まる批判/レクスプレス(12月18日) | トップページ | 「福島、失われた故郷:汚染された土地への不可能な帰還」ルモンド紙/12月20日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発作業員の鬱病・労災認定は「医師の職業倫理への違反」? 電力会社の主張に各界より高まる批判/レクスプレス(12月18日) | トップページ | 「福島、失われた故郷:汚染された土地への不可能な帰還」ルモンド紙/12月20日 »