無料ブログはココログ

« 「都合の悪い真実」は「国家機密」:英国政府、米大規模スパイ報道を止めるためガーディアン紙に圧力―屈しない同紙に世界の報道機関がエール/ルモンド紙(12月3日) | トップページ | 放射性廃棄物の中間貯蔵庫 建設問題:建設ありきの仏政府、ビュール市の住民公聴会を打ち切り「インターネット会議」で代用ー住民は引き続き住民投票を要求/ルモンド紙(12月10日) »

2013年12月10日 (火)

メキシコの病院で盗まれた高度放射性物質、むき出しで発見―犯人は被曝死か/Rts info(12月5日)

メキシコの国家原子力安全委員会は12月4日、先に病院から盗まれた癌の放射線治療用放射性物質(コバルト60)60グラムが盗難に使用されたトラックとともに発見されたと発表した。メキシコ当局は盗まれた放射性物質について「非常に危険な物質」であるとして注意を呼びかけていた。

盗まれた放射性物質は発見当時防護容器から取り出されてむき出しになっており、メキシコの国家原子力安全委員会のフアン・アイベンシュッツ委員長は「物質に直接手で触れた犯人は既に死亡したか、死亡間際にあるのはほぼ確実」と述べている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「メキシコで盗まれた放射性物質を積んだトラック、見つかる」
(« Le camion rempli de matériel radioactif volé au Mexique a été retrouvé », Rts info, 2013.12.05)
http://www.rts.ch/info/monde/5429306-le-camion-rempli-de-materiel-radioactif-vole-au-mexique-a-ete-retrouve.html

« 「都合の悪い真実」は「国家機密」:英国政府、米大規模スパイ報道を止めるためガーディアン紙に圧力―屈しない同紙に世界の報道機関がエール/ルモンド紙(12月3日) | トップページ | 放射性廃棄物の中間貯蔵庫 建設問題:建設ありきの仏政府、ビュール市の住民公聴会を打ち切り「インターネット会議」で代用ー住民は引き続き住民投票を要求/ルモンド紙(12月10日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「都合の悪い真実」は「国家機密」:英国政府、米大規模スパイ報道を止めるためガーディアン紙に圧力―屈しない同紙に世界の報道機関がエール/ルモンド紙(12月3日) | トップページ | 放射性廃棄物の中間貯蔵庫 建設問題:建設ありきの仏政府、ビュール市の住民公聴会を打ち切り「インターネット会議」で代用ー住民は引き続き住民投票を要求/ルモンド紙(12月10日) »