無料ブログはココログ

« 市民団体「ストップ・ウラン」、ウラン搬出への平和的反対行動で逮捕された市民を支援し集会/ランデポンダン(1月4日) | トップページ | 原発作業員を探して―大量退職、不人気、原発数の減少―アメリカ原子力産業の衰退と減り続ける原発作業員/ニューヨーク・タイムズ(1月11日) »

2014年1月11日 (土)

「もう事故はいらない」―ドランシー脱線事故から約3週間、放射性廃棄物を積んだ貨物列車走行にドランシー市長を含む200名が抗議/ルモンド紙(1月11日)

12月23日、パリ近郊のドランシー駅で放射性廃棄物を積んだ貨物列車が脱線事故を起こしたことを受け、1月11日、ドランシー駅周辺に住む住民らが作る市民団体「コリガー」の呼びかけにより、住民、抗議に賛同する各党議員、国際環境NGO「グリーンピース」及び「原子力をやめる会」の関係者ら200人が集まり抗議行進を行った。

「放射性廃棄物を積んだ貨物列車はいらない!」

人々は朝10時、ドランシー駅があるブラン・ムズニルの市庁舎を楽隊のファンファーレに伴われて出発、ドランシー駅まで行進した。抗議行進にはドランシー駅があるブラン・ムズニル市のディディエ・ミニョ市長と隣接する市のジャン・クリストフ・ラガルド市長も参加した。二人は異なる政党に属しているが、ミニョ市長が国に対し国民の命を危険にさらした罪で訴えを起こしたのに続き、ラガルド市長も来週早々に同様の訴えを出すことを予定している。

ドランシー駅で脱線事故を起こした車両の表面からは、放射性物質による汚染が検出されている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「セーヌ・サン・デニで放射性廃棄物の輸送に反対する抗議集会」/ルモンド紙(1月11日)
(« Manifestation contre les convois nucléaires en Seine-Saint-Denis », Le Monde, 2014.01.11)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2014/01/11/manifestation-contre-les-convois-nucleaires-en-seine-saint-denis_4346517_3244.html

« 市民団体「ストップ・ウラン」、ウラン搬出への平和的反対行動で逮捕された市民を支援し集会/ランデポンダン(1月4日) | トップページ | 原発作業員を探して―大量退職、不人気、原発数の減少―アメリカ原子力産業の衰退と減り続ける原発作業員/ニューヨーク・タイムズ(1月11日) »

コメント

早くこの廃棄物行き先に持って行ってほしいものです。

『風立ちぬ』の映画の公開に向けての宮崎駿監督 のインタビューフランス新聞リベラションの言葉に同感したのでフランスねこさんにも知ってもらいたく載せときます。

http://next.liberation.fr/cinema/2014/01/10/j-aspire-toujours-a-une-societe-plus-juste_972054

日本は2020年の五輪よりも福島にすべての努力と資力を集中すべきだと思う。

ユキさん

宮崎駿監督のインタビュー記事をありがとうございます。いよいよフランスでも映画が公開ですね。ルモンドでは宮崎駿監督と安倍首相を比較する記事が載っていました。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 市民団体「ストップ・ウラン」、ウラン搬出への平和的反対行動で逮捕された市民を支援し集会/ランデポンダン(1月4日) | トップページ | 原発作業員を探して―大量退職、不人気、原発数の減少―アメリカ原子力産業の衰退と減り続ける原発作業員/ニューヨーク・タイムズ(1月11日) »