無料ブログはココログ

« インド、核ミサイルの配備に向け長距離大陸弾道ミサイル打ち上げ試験に成功/クリー・オンライン(1月20日) | トップページ | 南アフリカ政府、原発の凍結を示唆/フランス国営放送 RFI(1月13日)& Business Day Financial Mail(2013年12月4日) »

2014年1月27日 (月)

スイス、事故に備え原発周辺住民へのヨウ素剤配布を拡大ー半径50キロ圏、約500万人へ/スイス24時(1月22日)

スイス連邦議会は1月22日、原発から半径50キロ以内に住む全住民及び企業関係者に対しヨウ素剤を配布する議会命令を可決した。ヨウ素剤は原発事故が発生した際に甲状腺被ばくを防ぐために服用する。2011年の福島原発事故を受け、配布対象者を大幅に拡大する。

スイスではこれまで、原発から半径20キロ半径に住む全ての大人と子どもに対しヨウ素剤を配布してきた。今回の措置により配布対象者は120万人から460万人に増加する。ヨウ素剤の配布にかかる費用3千万スイスフラン(約34億円)は、原発を運営する各電力企業が共同で負担する。

今回配布が決定したヨウ素剤は、今年秋より郵便で送付される予定。大人・子どもに関わらず、錠剤12個入りの箱を受け取ることになっている。配布されるヨウ素剤は10年間有効。

(抜粋、要旨)

● 元の記事:「原発事故:約500万人にヨウ素錠剤を配布」/スイス24時(1月22日)
(« Accident nucléaire. Près de 5 millions de Suisses recevront des comprimés d’iode », 24 Heures Suisse, 2014.01.22)
http://www.24heures.ch/suisse/Pres-de-5-millions-de-Suisses-recevront-des-comprimes-d-iode/story/20622193

« インド、核ミサイルの配備に向け長距離大陸弾道ミサイル打ち上げ試験に成功/クリー・オンライン(1月20日) | トップページ | 南アフリカ政府、原発の凍結を示唆/フランス国営放送 RFI(1月13日)& Business Day Financial Mail(2013年12月4日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インド、核ミサイルの配備に向け長距離大陸弾道ミサイル打ち上げ試験に成功/クリー・オンライン(1月20日) | トップページ | 南アフリカ政府、原発の凍結を示唆/フランス国営放送 RFI(1月13日)& Business Day Financial Mail(2013年12月4日) »