無料ブログはココログ

« 核兵器相当の高濃度プルトニウム返還を迫る米国、抵抗する安倍政権/The Japan Times(1月27日) | トップページ | 東京で原発推進派知事が当選:安倍政権、組織票とメディアの沈黙で勝利/ルモンド紙(2月12日) »

2014年2月 9日 (日)

原子力は「安い」のか? ウランを買いたたくアレバ社に、アフリカ最貧国が最初の「ノー」/ロイター(2月5日)

日本の原発で使用されるウラン燃料の採掘地の一つは、西アフリカのニジェールにある。しかし1970年代以来続くウランの採掘はニジェールに富をもたらしていない。今日、ニジェール国民の90%以上が電気にアクセスできず、60%以上が一日一ドル以下の生活を強いられている。国連が発表する人間開発指数(2013年)では、世界187の国と地域の中で最下位となった。

アレバ社とニジェール政府によるウラン採掘権に関する10年契約は昨年末で終了した。契約更新に際し不利な契約内容(ウランの採掘と輸出にかかる税金の無税化)の改正を求めるニジェール政府に対し、アレバ社は鉱山を閉鎖し労働者への賃金支払いを止めて対抗。契約交渉は行き詰まりを見せている。

フランスの巨大企業アレバの2013年の収益は125.6億ドル(約1.25兆円)で、ニジェール国家予算のほぼ2倍にのぼる。

(抜粋、一部編集)

<参考>
● フランスねこのNews Watching
「原子力の隠された犠牲者たち:誰も知りたがらないウラン鉱山の真実」
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/1523-ec54.html 
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/2523-5610.html 

● 元の記事:「特集:アレバ社とニジェール政府のウランを巡る戦い」/ロイター(2月5日)
(“Special Report: Areva and Niger’s uranium fight”, Reuters, 2014.02.05)
http://www.reuters.com/article/2014/02/05/us-niger-areva-specialreport-idUSBREA140AA20140205

« 核兵器相当の高濃度プルトニウム返還を迫る米国、抵抗する安倍政権/The Japan Times(1月27日) | トップページ | 東京で原発推進派知事が当選:安倍政権、組織票とメディアの沈黙で勝利/ルモンド紙(2月12日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 核兵器相当の高濃度プルトニウム返還を迫る米国、抵抗する安倍政権/The Japan Times(1月27日) | トップページ | 東京で原発推進派知事が当選:安倍政権、組織票とメディアの沈黙で勝利/ルモンド紙(2月12日) »