無料ブログはココログ

« 「アフリカ原子力会議」開幕:フクシマから3年、結束に動くアフリカの原発ロビー/コネクション・イヴォワリエンヌ・ネット(3月23日) | トップページ | 「今後10年で、福島にいる女児の10人に1人が癌に」米ガンダーセン博士/MédiaPart(3月30日) »

2014年3月29日 (土)

フランス政府、「2025年までに原発20基が不要に」/ルモンド紙(3月28日)

電力使用の効率化と自然エネルギーの利用拡大により、フランス国内にある58基の原発のうち約20基が2025年までに不要になる。3月26日、フランス環境省のロロン・ミシェル エネルギー・気候問題局長は仏国会の「原子力に関する調査委員会」による質問への答弁の中でこのように示唆した。20基は現在フランス国内にある全58基のうち3分の1以上に相当する。

フランスのオランド大統領は公約として原子力の利用を2025年までに75%から50%に削減することを掲げている。ミシェル エネルギー・気候問題局長は、現在の原子力発電量63ギガワットに対し、将来必要になる電力量は36〜43ギガワットにとどまると指摘した。同局長の発言は電力政策の転換にかかる新たな法律制定に向けた議論に一石を投じる見込み。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「フランス、20基の原発の有用性について自問」/ルモンド紙(3月28日)
(« La France s’interroge sur l’utilité de 20 réacteurs », Le Monde, 2014.03.28)
※紙面のみの掲載で電子版への掲載はありません。

« 「アフリカ原子力会議」開幕:フクシマから3年、結束に動くアフリカの原発ロビー/コネクション・イヴォワリエンヌ・ネット(3月23日) | トップページ | 「今後10年で、福島にいる女児の10人に1人が癌に」米ガンダーセン博士/MédiaPart(3月30日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アフリカ原子力会議」開幕:フクシマから3年、結束に動くアフリカの原発ロビー/コネクション・イヴォワリエンヌ・ネット(3月23日) | トップページ | 「今後10年で、福島にいる女児の10人に1人が癌に」米ガンダーセン博士/MédiaPart(3月30日) »