無料ブログはココログ

« 原子力施設と癌:「原子力ムラと軍事産業ムラを怒らせる質問」と答え(その1)/テレビ「ヨーロッパ1」(4月22日) | トップページ | 「原発はいらない」ロシアで地元住民が勝利:ロシア・カリニングラード原発の建設計画、白紙撤回へ/地球の友・フランス(4月24日) »

2014年4月25日 (金)

原子力施設と癌:「原子力ムラと軍事産業ムラを怒らせる質問」と答え(その2)/テレビ放送「ヨーロッパ1」(4月22日)

「健康被害の不正な隠蔽」

●アナウンサー:「私たちは被ばく被害の不正な隠ぺいを目の当たりにしているのでしょうか。今日、何十万という人が放射性物質に触れ被ばくにさらされる業務にたずさわっています。たとえばフランス国内にある58基の原発で働く人々のことが思い浮かびますが。。原発についても、被ばくによる健康被害が不正に隠ぺいされている可能性があるのでしょうか?」

テボード=モニー教授:「全くその通りです。私は原発の維持管理にたずさわる下請け労働者について10年以上調査を行ってきました。これらの人々は、無視することのできない大量の被ばくに見舞われながら働いています。今日20年を経て、これら下請け作業員たちには癌の兆候が現れています。放射能は深刻な健康被害を引き起こします。私たちは石綿被害問題以来の、新たな健康被害に関する隠蔽と不正に直面しているのです。」


●「あなたが政府関係者に被ばくの危険性を警告した時、政府は問題を隠そうとしたのですか?」

テボード=モニー教授:「私は2000年に職場での被ばく被害と癌の関係に関する研究論文を発表しました。その中で被害を防ぐための予防策、監視や健康状態に関するモニター制度の設置を提言しました。どんな回答が寄せられたと思いますか?ゼロ回答です。」


放射能による癌―どう対処するのか

「アルビオン核兵器工場や原発から数キロの距離に住んでいる人たちは放射能による健康被害について心配するべきなのでしょうか?」

テボード=モニー教授:「被ばくは放射能による汚染を伴います。被ばくの瞬間から私たちは発癌性物質にさらされます。そして被ばくによるしきい値(これ以下であれば安全であるという水準)はありません。」


●「多少の発がん性を持つものは私たちの身のまわりにたくさんあります。私が原発の横に住んでいたとしたら、急いで引っ越しするべきなのでしょうか?」

テボード=モニー教授:「急いで引っ越しするべきかどうか、については私は分かりません。ただ、労働法はいかなる発がん性物質であれ、労働者を発がん性物質にさらすことを禁じています。そういう決まりになっているから私は指摘しているのです。原発だろうが核兵器工場だろうが、同じです。私たち研究者が長い間警告してきたとおり、今非常に深刻な状況が展開しているのです。ブレストの兵器庫で労働者らに線量計が導入されたのは1996年になってからのことでした。労働者たちが健康被害を恐れるようになったために導入されたのです。被ばく量を測定しなければ、政府や軍に『私たちじゃない。私たちには関係ない。』と言わせ続けることになるのです。」

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「原子力施設と癌の関係は?」あなたもこれで全てが分かる/テレビ放送「ヨーロッパ1」(4月22日)
http://www.europe1.fr/MediaCenter/Emissions/Vous-allez-tout-comprendre/Videos/Un-lien-entre-cancers-et-sites-nucleaires-2099267/#

« 原子力施設と癌:「原子力ムラと軍事産業ムラを怒らせる質問」と答え(その1)/テレビ「ヨーロッパ1」(4月22日) | トップページ | 「原発はいらない」ロシアで地元住民が勝利:ロシア・カリニングラード原発の建設計画、白紙撤回へ/地球の友・フランス(4月24日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原子力施設と癌:「原子力ムラと軍事産業ムラを怒らせる質問」と答え(その1)/テレビ「ヨーロッパ1」(4月22日) | トップページ | 「原発はいらない」ロシアで地元住民が勝利:ロシア・カリニングラード原発の建設計画、白紙撤回へ/地球の友・フランス(4月24日) »