無料ブログはココログ

« 「原発はいらない」ロシアで地元住民が勝利:ロシア・カリニングラード原発の建設計画、白紙撤回へ/地球の友・フランス(4月24日) | トップページ | チェルノブイリから25年:立ち入り禁止区域の奇妙な生き物たち/ベルギー紙「7日中7日」&仏フィガロ紙(5月12日) »

2014年5月11日 (日)

チェルノブイリを含むウクライナの全原発、政情混乱で「完全無防備状態」に:銃火器や劣化ウラン爆弾による襲撃予告も/ロシア「リア・ノボスチ」(4月23日)

ロシアによるクリミア併合に続くウクライナ国内の政情混乱を受け、チェルノブイリを含む国内4基の原発全てが全く警備のなされない状態で放置されている。

「今の政治状況は国内全ての原発を危険にさらしています。どの原発も全く防御措置がなされていません。今起きていることは非常に危険です。一部の(親ロシア派)関係者らは銃火器で武装し劣化ウラン爆弾によるウクライナ政府への襲撃を予告しています。」

4月23日、「連合、チェルノブイリ、ウクライナ」党のイオウリ・アンドレイエフ代表はこのように指摘した。アンドレイエフ代表によると、今年1月にはウクライナのエネルギー大臣が棒で武装した賊に襲撃されている。

「指揮系統をつかさどるコントロール・パネルを数回棒で叩きのめすだけで国中の原発で事故が起きます。国内の暴力沙汰を一刻も早く止めなければ、とんでもないことになります。」

アンドレイエフ代表はこのように近い将来起こりうる危険を警告している。

(抜粋、一部編集)

● 元の記事:「ウクライナ:原発の安全防御態勢が危機に」
(« Ukraine : la sécurité des sites nucléaires menacée », Ria Novosti, 2014.04.23)
http://fr.ria.ru/world/20140423/201047976.html

« 「原発はいらない」ロシアで地元住民が勝利:ロシア・カリニングラード原発の建設計画、白紙撤回へ/地球の友・フランス(4月24日) | トップページ | チェルノブイリから25年:立ち入り禁止区域の奇妙な生き物たち/ベルギー紙「7日中7日」&仏フィガロ紙(5月12日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「原発はいらない」ロシアで地元住民が勝利:ロシア・カリニングラード原発の建設計画、白紙撤回へ/地球の友・フランス(4月24日) | トップページ | チェルノブイリから25年:立ち入り禁止区域の奇妙な生き物たち/ベルギー紙「7日中7日」&仏フィガロ紙(5月12日) »