無料ブログはココログ

« 原子力施設と癌:「原子力ムラと軍事産業ムラを怒らせる質問」と答え(その2)/テレビ放送「ヨーロッパ1」(4月22日) | トップページ | チェルノブイリを含むウクライナの全原発、政情混乱で「完全無防備状態」に:銃火器や劣化ウラン爆弾による襲撃予告も/ロシア「リア・ノボスチ」(4月23日) »

2014年5月 3日 (土)

「原発はいらない」ロシアで地元住民が勝利:ロシア・カリニングラード原発の建設計画、白紙撤回へ/地球の友・フランス(4月24日)

ロシア政府は4月24日、住民の強い反対運動に直面していたカリニングラード原発の建設計画を白紙撤回した。国際環境NGO「地球の友」は昨年、フランスのメガバンク「ソシエテ・ジェネラル」に対し同計画への融資をやめるよう抗議行動を実施、今回の白紙撤回に向けた支援を行っていた。関係者は今回の中止宣言を歓迎しつつも、フランス国内の銀行が原発関連分野への融資を行わないよう今後も警戒を続ける意向。


   「原発銀行はノー・サンキュー!」
   「カリニングラードを第二のチェルノブイリにするな」
   のメッセージを掲げ、放射線防護用のつなぎ服とマスク姿でソシエテ・ジェネラル銀行に抗議する市民(画像)
   http://www.amisdelaterre.org/Victoire-Le-projet-de-centrale.html


カリニングラード原発の建設計画については、環境影響評価が短期間で実施され内容が不十分である他、原発事故などの緊急事態発生時や廃炉時の対応策が策定されていない問題が指摘されていた。また、原発の稼働で発生する放射性廃棄物の処理についての対策が決まっておらず、計画をめぐる癒着・汚職や計画に反対する地元住民への嫌がらせによる人権侵害、そして何より原発の必要性が無いことが問題となっていた。

(抜粋、一部編集)

● 元の記事:「勝った!カリニングラード原発の建設計画、白紙撤回へ」/地球の友・フランス(4月24日)

(« Victoire! Le projet de centrale nucléaire à Kaliningrad est enterré », Les Amis de la Terre, 2014.04.24)
http://www.amisdelaterre.org/Victoire-Le-projet-de-centrale.html

« 原子力施設と癌:「原子力ムラと軍事産業ムラを怒らせる質問」と答え(その2)/テレビ放送「ヨーロッパ1」(4月22日) | トップページ | チェルノブイリを含むウクライナの全原発、政情混乱で「完全無防備状態」に:銃火器や劣化ウラン爆弾による襲撃予告も/ロシア「リア・ノボスチ」(4月23日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原子力施設と癌:「原子力ムラと軍事産業ムラを怒らせる質問」と答え(その2)/テレビ放送「ヨーロッパ1」(4月22日) | トップページ | チェルノブイリを含むウクライナの全原発、政情混乱で「完全無防備状態」に:銃火器や劣化ウラン爆弾による襲撃予告も/ロシア「リア・ノボスチ」(4月23日) »