無料ブログはココログ

« 仏オランド大統領は安倍首相への「もんじゅ」再稼働要求をやめよ/原発をやめる会フランス(5月2日) | トップページ | フランスにおける原子力・至上主義の「終わりの始まり」/ルモンド紙社説(6月19日) »

2014年6月16日 (月)

「妻が受け取った金はもう返した」フランス電力公社CEO、電力関連会社より金銭を授受―パリ検察当局、事前捜査を開始/ルモンド紙(6月9日)

フランス国内最大の電力会社、フランス電力公社のアンリ・プログリオCEOは、妻で女優のラチダ・カリル氏が2012年、自らの公演費用として電力会社の関連組織「エレクトラ協会」より6万ユーロ(約830万円)を受け取っていたことを認めた。パリの検察当局は本件に関し、既に事前捜査を開始している。プログリオCEOは

「金を出すようエレクトラ協会に働きかけたことはない」
「受け取った6万ユーロは全て返金した」

と述べている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「アンリ・プログリオ:妻がフランス電力公社関連組織から受け取った金はもう返した」/ルモンド紙(6月9日)
(Henri Proglio: J’ai remboursé l’argent verse a ma femme par une association proche d’EDF)
http://www.lemonde.fr/economie/article/2014/06/09/henri-proglio-j-ai-rembourse-l-argent-verse-a-ma-femme-par-une-association-proche-d-edf_4435040_3234.html

« 仏オランド大統領は安倍首相への「もんじゅ」再稼働要求をやめよ/原発をやめる会フランス(5月2日) | トップページ | フランスにおける原子力・至上主義の「終わりの始まり」/ルモンド紙社説(6月19日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仏オランド大統領は安倍首相への「もんじゅ」再稼働要求をやめよ/原発をやめる会フランス(5月2日) | トップページ | フランスにおける原子力・至上主義の「終わりの始まり」/ルモンド紙社説(6月19日) »