無料ブログはココログ

« 川内原発:日本政府、福島原発後初めて再稼働を承認―高まる非難の声/ロイター&ヌーベル・オプセルヴァトゥール(7月16日) | トップページ | フランスのエネルギー転換政策:原発については多くの「宿題」/ルモンド紙(7月29日) »

2014年7月28日 (月)

福島原発第三号機より毎時2800億ベクレルの放射性物質を噴射―東京電力、約1年後に「報告」/ルモンド紙(7月24日)

2013年8月19日、毎時2800億ベクレルのセシウム134及び137が福島原発第三号機より放出された。2011年に原発事故による大惨事を引き起こした東京電力が原子力規制委員会に報告した。福島原発からは普段毎時1000万ベクレルの放射性物質が放出されている。しかしこの日は事故現場の瓦礫を動かした際に大量の放射性物質が飛び散り、計1兆1200億ベクレル相当の放射性物質が拡散された。

福島第三号機の洗浄作業が行われた後、近隣の南相馬市で収穫された米からは1キロあたり100ベクレルを超える放射性物質が検出されている。この米の出荷は見送られた。農林水産省及び東京電力はこのような汚染を想定していなかったと述べているが、南相馬市の幹部は十分な説明を求めている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「フクシマ:2013年8月に大量の放射性塵を放出」/ルモンド紙(7月24日)
http://www.lemonde.fr/japon/article/2014/07/24/fukushima-rejet-massif-de-poussieres-radioactives-en-aout-2013_4461867_1492975.html

« 川内原発:日本政府、福島原発後初めて再稼働を承認―高まる非難の声/ロイター&ヌーベル・オプセルヴァトゥール(7月16日) | トップページ | フランスのエネルギー転換政策:原発については多くの「宿題」/ルモンド紙(7月29日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川内原発:日本政府、福島原発後初めて再稼働を承認―高まる非難の声/ロイター&ヌーベル・オプセルヴァトゥール(7月16日) | トップページ | フランスのエネルギー転換政策:原発については多くの「宿題」/ルモンド紙(7月29日) »