無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月28日 (月)

福島原発第三号機より毎時2800億ベクレルの放射性物質を噴射―東京電力、約1年後に「報告」/ルモンド紙(7月24日)

2013年8月19日、毎時2800億ベクレルのセシウム134及び137が福島原発第三号機より放出された。2011年に原発事故による大惨事を引き起こした東京電力が原子力規制委員会に報告した。福島原発からは普段毎時1000万ベクレルの放射性物質が放出されている。しかしこの日は事故現場の瓦礫を動かした際に大量の放射性物質が飛び散り、計1兆1200億ベクレル相当の放射性物質が拡散された。

福島第三号機の洗浄作業が行われた後、近隣の南相馬市で収穫された米からは1キロあたり100ベクレルを超える放射性物質が検出されている。この米の出荷は見送られた。農林水産省及び東京電力はこのような汚染を想定していなかったと述べているが、南相馬市の幹部は十分な説明を求めている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「フクシマ:2013年8月に大量の放射性塵を放出」/ルモンド紙(7月24日)
http://www.lemonde.fr/japon/article/2014/07/24/fukushima-rejet-massif-de-poussieres-radioactives-en-aout-2013_4461867_1492975.html

2014年7月24日 (木)

川内原発:日本政府、福島原発後初めて再稼働を承認―高まる非難の声/ロイター&ヌーベル・オプセルヴァトゥール(7月16日)

原子力規制委員会は7月16日、列島の南に位置する川内原発(九州電力)の再稼働承認を発表した。2011年3月に起きた福島原発での大惨事以来、初めて原発の再稼働が認められる。

日本は今年、約40年ぶりに原子力ゼロの夏を実現。しかし安倍首相は国内48の原発再稼働に向け力を注いで来た。川内原発から東京までの距離は南西方向に約980キロ。今回の決定を受け、今年9月から11月の間に再稼働の可能性があると見られている。

原子力規制委員会の発表に対し国際環境NGOグリーンピースは、「安全対策の不備や再稼働に反対する国民世論の高まりを無視する決定」と非難するプレスリリースを発表した。グリーンピースによれば、周辺地域では事故の際の十分な住民避難計画が策定されておらず、特にお年寄り、子ども、入院患者らを被ばくから守るための緊急避難所は想定されていない。また、川内原発から5キロの距離にある市木串木野市(人口3万人)は再稼働に反対する請願書を提出している。ロイターが4月に実施した調査によれば、現在の原子力規制委員会の規準に従った場合にも日本国内にある原発に3分の2は将来も再稼働が不可能と見られている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「日本で原発再稼働に初めての青信号」/ロイター&ヌーベル・オプセルヴァトゥール(7月16日)

(« Premier feu vert à la réouverture d’une centrale nucléaire au Japon », Reuters & Le nouvel Observateur, 2014.07.16)
http://fr.reuters.com/article/frEuroRpt/idFRL6N0PR1DO20140716

2014年7月14日 (月)

オバマ大統領の貧困ビジネス:「アフリカにミニ原発を」/African Manager(6月5日)

オバマ大統領はアフリカ諸国における原子力技術者の育成と小型原発の建設推進に向けた原子力協力協定の締結を行う。米国エネルギー庁のエルネスト・モーニッツ長官が6月4日、エチオピアの首都アジスアベバにおいて発表した。今回の決定はオバマ大統領が推進する「パワー・アフリカ・イニシアチブ」の一環。モーニッツ長官は「アフリカに安い電気をもたらすための協力」と説明している。

同イニシアチブは米国によるアフリカ電力セクター向け政策の主軸を成すもの。ガーナ、ケニア、ナイジェリア、リベリア、タンザニアが優先支援対象国として指定されている。

他方アフリカ連合は、米国との会合が実施される1週間前に、原子力発電所の建設は多額の予算を必要とし各国の財政に悪影響を及ぼす可能性があるとして、アフリカ諸国に対しアフリカ連合での議論が終了するまで原発建設を決定しないよう要請。米国との会合では、安全管理や環境汚染の問題についても活発な質問が行われた。

会議に出席した米国関係者は「ミニ原発は安全」と述べている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「米国、アフリカの電力問題の解決策としてミニ原発の建設を宣言」/African Manager(6月5日)
(« Les Etats-unis annoncent la création de petits réacteurs nucléaires pour résoudre les problèmes d’électricité en Afrique », African Manager, 20140605)
http://www.africanmanager.com/167138.html

2014年7月 7日 (月)

世界を覆うヒロシマ―「原子力」という名の希望なき技術:ドイツ哲学者ギュンター・アンダース/Slate他(7月2日)

「原子力は受け身的で合法化された暴力だ。
   私たち市民は緊急に自らを守る態勢を整えなければならない。」

人間らしさと使用者自らを破壊しつくす原子力の脅威について積極的に発言し続けたドイツ出身の哲学者ギュンター・アンダース(1902〜1992)の著作が、福島原発事故以降フランスで注目を浴びています。2冊の代表作がパリで新たに翻訳・出版されたのを機にアンダースの言葉を振り返りたいと思います。


「ヒロシマの後に希望は無い」

アンダースの原子力についての思索は、広島・長崎への原爆投下に端を発しています。

●「広島原爆図」/Slate
http://www.slate.fr/story/89333/rien-esperer-hiroshima 

元米軍兵士のイーザリーは日本への原子力爆弾投下に参加し、一瞬で10万人もの人々の命を奪ったにもかかわらず米国内の各地で英雄扱いされる自らの姿に苦しみ、犯罪を犯すようになります。「敵」を殺したことに傷つき苦しむ兵士は最後には陸軍病院に幽閉され言論を封じられます。

<イーザリーにあてたアンダースの手紙>

「病んでいるのはあなたではありません。あなたこそが正常で、そのようなまともな人間の反応を封印して、甚大な罪を何か偉大な功績か何かのように見なそうとする社会の方が狂気に陥っているのです。」

アンダースは「私たちは原子力時代の良心の立ち入り禁止区域にいるのだ」という言い方をしています。

「原子力は使用者自らを破壊し尽くす兵器である」
「核戦争は想像力の欠如に起因している」


今日の私たちの現実にも当てはまるのではないでしょうか。


●元の記事: Slateの記事を参考にしつつ、別途アンダースについて調べた内容を追加して記載しています。
http://www.slate.fr/story/89333/rien-esperer-hiroshima

<参考>

●元米軍兵士イーザリーの手紙
『ヒロシマわが罪と罰ー原爆パイロットの苦悩の手紙』ギュンター・アンダース(ちくま文庫)
http://www.amazon.co.jp/ヒロシマわが罪と罰―原爆パイロットの苦悩の手紙-ちくま文庫-篠原-正瑛/dp/4480021493

●「フランスにおけるギュンター・アンダース」渡名喜康哲
https://www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/8173.pdf

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »